mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2019年4月4日 更新

kolme、超満員のツアーファイナルで魅せた次世代ポップスタイル

kolme

kolme

どうも、音楽コンシェルジュのふくりゅうです。

楽曲派と呼ばれ、作品力に定評を持つ3人組ユニットkolme(コールミー)。
3月30日に渋谷WWW Xで開催された全国ツアー
『kolme Live Museum 2019 ~Hello kolme~』
ツアーファイナルへ行ってきました。

オープニングSEは、
メンバーMIMORIの手による出来立てホヤホヤの新作トラック。
流麗なるダンスポップが
オーディエンスのテンションを高めていきます。

勢いそのままに1曲目は、
新時代を切り開くアッパーチューン「Tie me down」からスタート。

kolmeのアレンジメントを手がけるRumbによる
鍵盤が踊るピアノリフが熱気にあふれたフロアを扇情。

kolme / Tie me down

kolmeの3人は、
デビュー時より詞曲や振り付けを自ら手がけるなど、
次世代クリエイターとしての成長と進化が止まらりません。

新作アルバム『Hello kolme』収録曲が、
Spotify主要公式プレイリストに驚異の13同時リストインし、
Apple Music、そしてJ-WAVE『TOKIO HOT100』でもフィーチャーされるなど、
音楽ファンから注目度急上昇中の存在です。
MIMORI

MIMORI

代表曲「Hello No buddy」、そして「Why not me」では、
耳が喜ぶスローファンクな快楽を鳴らし、
初期人気曲である「I’m alone」、「In my dream」では、
水を得た魚のごとくダンサブルに歌い踊る様がエモーショナルなのです。

kolme / Why not me

途中、BPMが加速していく驚異のダンスタイムを経て、謎のコントへ突入。

お笑い芸人役:KOUMI 〜 上司役:MIMORI〜 スナックのママ役:RUUNAという設定で
ファンにはおなじみの『スナック秋元』のコーナーへ。

平成のヒット曲として小泉今日子「あなたに会えてよかった」などを、
リーダーRUUNAが熱唱するワンシーンも。
RUUNA

RUUNA

軽快なトークも魅力の3人。

真面目そうだけどどこかヌケているRUUNA、
サイコパスちっく? ユーモラスなMIMORI、
ヘルシーかつセクシーな魅力のKOUMIという、
親しみやすいキャラクターが垣間見えてきます。

MCではひさしぶりとなった、全国ツアーについて語られました。
RUUNA:全国6箇所をまわらせていただいて。あっという間でしたね。
KOUMI:ツアー自体ひさしぶりだったから余計早かったのかなって。
RUUNA:だって楽屋で3人で話してたの。“緊張してないよね”って。でも、みんなして“御飯が喉を通らないね”って(笑)。“あ、これが緊張なのかな”って(苦笑)。
MIMORI:おかしいよね(苦笑)。いつもならたらふく食べているんですよ。
KOUMI:カラダは正直だな(笑)。それだけ、ツアーファイナルを楽しみにしてきたってことで(苦笑)。
そして、RUUNAが「今年はたくさん配信していきます! 4月15日に新曲『Brand new days』をリリースします。また新しいテイストへチャレンジしています」と情報解禁。

当日、ライブ終演後にサプライズ的にオンエア。

ベースミュージック・テイストがサグいイントロダクションから、
軽やかなkolmeらしさへと加速していく
洋楽風ポップチューンへと仕上がっておりました。

そして、後半戦スタート。

大人テイストを感じる「No need to rush」では、
KOUMIによる英語ラップが映え、
“心配しないで自分のペースで生きていこう!”という
メッセージを伝えていきます。

女性ファン人気の高い「Say good bye」では、
力強いガール像を、歌詞やリズムに合わせて加速する
ハンドクラップで表現。

リスナー共々盛り上がれるライブならではのエンタテインメントを展開。
KOUMI

KOUMI

「You don’t know me」では、
ピアノ&DJを担当するRumbに加え、
ギタリストとしてRyotaも参加。

アグレッシヴな生演奏スタイルで盛り上げていきます。

ライブ人気ナンバーワンの「Way I am」での
圧巻のリズミカルなピアノロックなギター・サウンドで最高潮となるオーディエンス。

オーラスへ駆け抜けていく「The liar」、「One time」では、
メンバー3人によるキレの鋭いダンスパフォーマンスが
さらにダイナミクスを更新。

kolme / The liar

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

kolme新境地サウンド、中毒性の高さの話。人気インディーズ・ゲーム アンダーテールの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

kolme新境地サウンド、中毒性の高さの話。人気インディーズ・ゲーム アンダーテールの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

7歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「kolme」「ゲーム」「任天堂」「アンダーテール」「RPG」「PUBG」「ハロウィン」

この記事のキーワード