mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年1月23日 更新

Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【後編】削ぎ落としたなかで奏でられるものを…サウンドとボイスの隙間から生まれる大人の音楽とは

スムーズで、クールで、セクシーで、音に身を委ねていると、いい女、いい男になった気分に。そんな素敵な勘違いをさせてくれるSkoop On Somebodyの『State Of Soul』。今年20周年を迎えた彼らの新作にして6年ぶりのオリジナル・アルバムだ。スキルにもハートにも大人の魅力いっぱい。なのに、「今まででいちばんやんちゃな作品」という。「CDが売れない時代というけど、これから絶対さらにいいものが生まれてくるはず」とも。大人が夢見るフューチャー・ソウル。それは若い世代の憧れの世界でもあるはず。アルバムに込めた思いを、じっくりと訊きました。

TEXT:藤井美保

パッションにあふれるものじゃないと意味がない

---今回、KO-ICHIROさんがアコースティック・ピアノ系を多く弾いてる気がしたのですが。

TAKE だとしたら、大成功!

KO-ICHIRO 実はそれ、TAKEからのリクエストだったんです。TAKEのプロデューサーとしての目が、この二人組の特徴をどう活かすかということに向いていて。

---二人組(笑)。

TAKE コンビですからね(笑)。

KO-ICHIRO TAKEはボーカリストで、僕はキーボーディスト。僕がエレピを弾けば、TAKEは「エロピ」と褒めてくれる(笑)。「そこをもっと前面に押し出さないと」と言ってくれて、今回の質感としてほしかった生ピアノ系をけっこう弾きました。2曲目「Elevate You」のピアノ・ソロなどもそうですね。

PHOTO:川田洋司
via
---あれはゾクッとするほどカッコいいです。

KO-ICHIRO ライブ感を大事にするということで、実はあまり弾かせてもらえなかったんです。さっきTAKEも言ってた通り、やり直しをすればするほど「清書」になってしまうんです。でも、そういうきれいなものは今の僕らにはいらない。パッションにあふれるものじゃないと意味がないというところを貫きました。

TAKE KO-ICHIROは弾き手としてのプロですから、他の人にはわからないような音のこぼれやリズムが、実は気になったりするワケですね。で、何テイクかやるんですけど、やっぱりパッションで弾いたテイクに勝るものはない。「もうこれ、すでにヤバいっす!」と、ある意味僕が素人のノリでジャッジしてる部分もありましたね。だから、最もアーティスティックではない、言うたら、最も俗なセンスで作った作品とも言えるんです。
---ボーカルに対するジャッジも?

TAKE そう。もちろん、僕もピッチやリズムが気になったりはします。でも、次のテイクにいけば、たった今録ったテンションにはならないだろうということもわかる。聴き手にとってどっちがうれしかと考えたら、やっぱり気持ちマックスで歌っているほうなんですよ。

---「Immorality」や「Before The Dawn」などのフェイクも、本当に思いのまま自由自在、縦横無尽にいっているなと。

TAKE Aメロ、Bメロ、サビももちろん大事だけど、それ以上に間奏の「♪ウー」やエンディングのフェイクが大事ってところはありますね。ま、そこにこだわるのは、ゴスペラーズの村上てつやと僕くらいかな(笑)。本編の歌を録り終わったあと、そこに何倍も時間をかけることもあります。その一見無駄なところにこそ、聴き手にとっての楽しさも生まれる。超ニッチな世界なんですけど(笑)。
---そのボーカルの濃さが、脳にも心にも訴えかけてきます。

TAKE 実は、ソウル度を薄めるとポップになるという方程式は終わりにしたかったんです。濃くしていったほうが逆にキャッチーになる。ここ何年間かの自分が抱えてたジレンマが、自分の信じる方向で突破口を見出せたということでしょうね。だから、問題作で終わってもいい。合わせると100歳を越える二人が、デビューしていちばんやんちゃなアルバムを作った(笑)。それを見せることで、そこそこ大人になってきている後輩のR&Bシンガーたちの背中も押せたらなという願いもあるんです。
---「The Entrance(Intro)」、「My Plyalist(Interlude)」、「Luvtone(Interlude)」のように、90年代のソウル/R&Bにあった手法を取り入れているのも新鮮でした。

KO-ICHIRO アルバムとしてのムード作りですよね。とはいえ「Entrance(Intro)」は、僕的にはいちばんプレッシャーがかかりました。TAKEから「<Elevate You>にカッコよくつながるアルバムの入り口をよろしく!」と投げられたので、逃げ場がなくて(苦笑)。

---聴き始めたとたん、何が起こるんだろう? といったドキドキ感があります。

KO-ICHIRO ちょっと「スリラー」チックでしょ(笑)。SEにはアフリカのカフェの音とロンドンの雑踏の音とスタジオ近くの環七沿いの音などを混ぜ込みました。ちなみに、2曲のインタールードは、TAKEが作った1曲を、あえて短くしたり、歌詞を減らしたりして作ったものなんですよ。

KO-ICHIRO(Key&Cho)

PHOTO:川田洋司
via
---「Luvtone(Interlude)」の「♪ドゥールルラールドゥーラ」というフレーズは、KO-ICHIROさんの声かなと。

TAKE そう。あれはKO-ICHIROの声だけですね。

---そういうのも、今まではなかったことですよね。

KO-ICHIRO それも、TAKEリクエストでした。

TAKE KO-ICHIROの声のいちばんセクシーなところを使いたかったので、ライブの合間にKO-ICHIROの楽屋に押しかけて、キー合わせのため歌ってもらったりもしました。白昼、僕のiPadに向かってKO-ICHIROが歌わされてる図(笑)。ビデオ回しときたかったな。
---他にもKO-ICHIROさんの声とわかる曲がありますね。

KO-ICHIRO 今までは、楽曲を彩るために3声以上のコーラスを入れたりしてたんですけど、今回それはやめようと。ライブで再現できる、二人だけで成立するハーモニーにこだわったわけです。

---なるほど。「Taste of Honey」のお二人でのユニゾンもカッコいいなと思いました。サウンドの隙間だけでなく、ボイシングの隙間も今回の魅力になっているんですね。

KO-ICHIRO 音楽的にはもう一声足したくなっても、それをあえてやらない。やる必要はないと思ったんです。

TAKE 今回は隙間の勝負だらけ(笑)。

20周年の記念、未来につながるものを「Shalala」20years Anniversary Ver.

---つい先日、Skoop On Somebodyと15組20名のアーティストとがコラボした「Sha la la」20years Anniversary Ver. がYouTubeで公開されました。この新作に「sha la la(New Mix)」を収録したのは?

TAKE 17年前に出した「Sha la la」は、本当にみなさんに愛された曲。なので、20周年の記念と何か未来につながるものになればいいなという願いをこめて、親交のある素晴らしい方々に歌っていただくというプロジェクトを、3月くらいから撮り始めていたんですね。それがYouTubeで流れているのに、このアルバムに「Sha la la」が入っていないのはどうなのかという話がスタッフから出て、それもそうだなと思ったんです。

Skoop On Somebody 『sha la la』20years Anniversary Ver. @Skoop_jp

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【前編】好き嫌いは分かれるけど、嗜好品としては最上級…大人のためのフューチャー・ソウルを

Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【前編】好き嫌いは分かれるけど、嗜好品としては最上級…大人のためのフューチャー・ソウルを

スムーズで、クールで、セクシーで、音に身を委ねていると、いい女、いい男になった気分に。そんな素敵な勘違いをさせてくれるSkoop On Somebodyの『State Of Soul』。今年20周年を迎えた彼らの新作にして6年ぶりのオリジナル・アルバムだ。スキルにもハートにも大人の魅力いっぱい。なのに、「今まででいちばんやんちゃな作品」という。「CDが売れない時代というけど、これから絶対さらにいいものが生まれてくるはず」とも。大人が夢見るフューチャー・ソウル。それは若い世代の憧れの世界でもあるはず。アルバムに込めた思いを、じっくりと訊きました。
mu-mo station編集部 | 1,974 view
こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

今年20周年を迎えたm-floがオリジナルメンバーのLISA、☆Taku Takahashi、VERVALの3人で約15年ぶりに再始動。2018年3月7日にリリースされた新作「the tripod e.p.2」で本格的な活動をスタートさせる。リユニオンに至る経緯、映画『去年の冬、きみと別れ』の主題歌「never」を含む新作の制作、今後のビジョンなどについて3人に聞いた。
SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“春を感じる洋楽”とは?【2018年4月21日O.A.】

SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“春を感じる洋楽”とは?【2018年4月21日O.A.】

InterFM897にて毎週土曜日24:30~O.A.中のラジオプログラム『mu-mo Premier Club Presents SUPER JUNIOR-D&E fellows』公式ブログ★今夜のプレイリストは“春を感じる洋楽”!ドンヘとウニョクにとって春といえば?今回は特別に連想ゲーム形式で答えてもらいました♪
mu-mo station編集部 | 1,492 view
和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第2弾は黒流&町屋!【3/5】

和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第2弾は黒流&町屋!【3/5】

2018年4月25日に5thアルバム『オトノエ』をリリースする和楽器バンド。“ミュージアム”というテーマを掲げ、聴覚だけでなく視覚的にも楽しめる本作に秘められた、メンバーそれぞれの想いをさらに深掘りすべく、4回に渡ってリレー方式でお届けしていきます。第2弾は黒流と町屋!巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 2,179 view
「この作品で新しい自分を生み出すんだ」強い想いをもって紡ぎ出した初のセルフ・プロデュース作品。森 恵『1985』ロングインタビュー

「この作品で新しい自分を生み出すんだ」強い想いをもって紡ぎ出した初のセルフ・プロデュース作品。森 恵『1985』ロングインタビュー

2018年4月25日(水)にオリジナル作品としては実に4年ぶりとなるフル・アルバム『1985』を発表するシンガーソングライター森 恵。もともと歌唱力とギタープレイに定評のある彼女が満を持して初のセルフ・プロデュースに挑戦した本作の魅力と、音楽的ルーツまでを、じっくりたっぷり紐解きます。巻末の読者プレゼント情報もお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 1,277 view

この記事のキーワード