mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年11月29日 更新

20歳になったら見える景色が変わるかも…10代で見えていたものを珠玉の14曲に込めて。井上苑子『JUKE BOX』インタビュー

女子校生シンガーとしてデビューした井上苑子の10代ラストアルバム『JUKE BOX』がリリース。「10代最後にどうしてもアルバムを出したかった」と語る彼女の思いや、これまでにない楽曲にチャレンジした理由などを聞いてみた。そして、20歳を迎える直前の井上苑子が「ハタチになったらやりたいこと」とは!? 巻末の読者プレゼントも要チェックです!

TEXT:中屋麻依子 PHOTO:川田洋司

10代最後のアルバム『JUKE BOX』に込められた想い

---アルバムリリースの5日後、20歳になる井上さんの10代最後のアルバムですね!

10代最後には、絶対にアルバムを出したいと思っていました。20歳って自分の中ではかなり特別で、20歳になると見える景色が変わったり、まだ見えてないものが見えたりするんじゃないか、と思うぐらい変わる気がしていたんです。10代で見えていたものを音楽として表現するために、アルバムをつくりたくてみなさんに10代最後の井上苑子を聴いてもらいたいと思ったら14曲にもなってしまいました(笑)。
via
---今回のアルバムは2ndシングルから、最新シングル「せかいでいちばん」までが収録されていて、現段階のベストアルバムですよね。

1stのときは、まだ高校生だったので学校の様子や高校生の“今”を切り取った楽曲が多かったですが、今回は曲調も大人っぽいものが増えて、新たな一歩を踏み出す一枚になっていると思います。

「せかいでいちばん」はいきものがかりの水野良樹さんがつくってくださった曲で、最初、聴いたときにグッと心を掴まれました。だから、私と同じ気持ちをアルバムの最初に味わってほしくてオープニングナンバーは「せかいでいちばん」にしました。

井上苑子 - せかいでいちばん

---そしてラストナンバーは「君がいればOK!~サマサマキュンキュン大作戦~」ですね。聴いた方に“いつもありがとう 君が大好きだよ”という気持ちを届けるような…

そうです! 今回のアルバムはライブのセットリストを考える感覚で曲順を決めていて。実際に「君がいればOK!〜サマサマキュンキュン大作戦〜」はよくライブのアンコールに歌う曲なので、アルバムを通して聴くと、まるでライブに遊びにきたような気持ちになれると思います!
---既存曲だけでなく、アルバム新曲が6曲入っていますが、その中でも「ねぼう」は、これまでの井上さんにはない、少しけだるげな雰囲気の楽曲で新鮮でした。

実は、「ねぼう」は1年ぐらい前にいただいていた曲なんですが、当時はまだ自分にしっくりこなかったんです。要約すると「毎日、うまくいかないことだらけで迷いながらも何か掴みたい」という歌詞なんですが、当時はそういう憂鬱な部分を見せるよりも、夢見がちな恋の歌を歌っているほうが自分らしいんじゃないかと思っていたんです。でも高校を卒業して10代後半になって、ファンの方の年齢層も幅広くなってきて、改めて歌ってみたいと思うようになってきました。
---19歳の井上さんにすごくマッチした曲だと思います。アルバムラインナップを見てみるとドラマや映画、CMなどのタイアップ曲が多いですが、特に思い入れがあるものは?

別冊マーガレットで連載されている漫画『思い、思われ、ふり、ふられ』のタイアップソング「恋歌」は4人の登場人物の恋愛模様を1曲の歌詞に収めなければいけないので、それぞれの気持ちを描くのに苦戦しました。
あと「SHAKE」という初めておにぎりの歌を作りました!
---おにぎりの歌!?

LAWSONの「おにぎり屋」のテーマソングなんです。おにぎりを通して家族愛を描いていて、聴いた人が温かい気持ちになっておにぎりを食べたくなるような楽曲に仕上げました。

【ローソン】井上苑子さんのおにぎりの歌「SHAKE」

---新しい試みですね! ライブで聴いたら、その後、おにぎり食べたくなりそう(笑)。

今、“JUKE BOXツアー”が始まったのですが、この歌のときは、観ている方が驚くような仕掛けがあって、きっとおにぎりが食べたくなるはずです(笑)。私のライブはファンの方も参加できるワクワク型ライブなので、ぜひ、遊びに来てほしいです。ライブに来るというより、友達同士でテーマパークに遊びに行くような気持ちで来てくれたら嬉しいです!

歌で始まり、歌で終わった10代。その次は…?

---ここからプライベートの話ですが、井上苑子の10代を振り返ると、どんな10年間でしたか?

11歳から路上ライブを始めたので「歌で始まり、歌で終わった10代」です。でも、10代のときは周りから「若いね!」と驚きの目で見られて注目された部分もありましたが、20代になるとそうはいかないと思うので、年齢関係なく誰からでも歌を聴いてもらえるようなアーティストになりたいと思っています。
via
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

遠藤舞 First&Last アルバム『最終回』インタビュー【後編】今までお世話になった方やファンの方に対して感謝を伝える、区切りの一枚として。

遠藤舞 First&Last アルバム『最終回』インタビュー【後編】今までお世話になった方やファンの方に対して感謝を伝える、区切りの一枚として。

2017年12月13日(水)にリリースされた、シンガー遠藤舞の最初にして最後のアルバム『最終回』。彼女の音楽への真摯な想いが丁寧に重ねられた本作を、音楽ライター藤井美保がじっくり紐解きます。レコーディングへのこだわり、音楽制作、そして芸能界を引退する未来について…前後編でお楽しみください。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
遠藤舞 First&Last アルバム『最終回』インタビュー【前編】うまく歌おうとか、微妙な味わいを出そうとか考えない“まんまの声”で音楽と向き合えた

遠藤舞 First&Last アルバム『最終回』インタビュー【前編】うまく歌おうとか、微妙な味わいを出そうとか考えない“まんまの声”で音楽と向き合えた

2017年12月13日(水)にリリースされた、シンガー遠藤舞の最初にして最後のアルバム『最終回』。彼女の音楽への真摯な想いが丁寧に重ねられた本作を、音楽ライター藤井美保がじっくり紐解きます。音楽のルーツ、各楽曲への愛、歌うということについて…前後編でお楽しみください。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 2,883 view
和楽器バンド、ベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』を語る【2/3】鈴華ゆう子、いぶくろ聖志、神永大輔、蜷川べにのお気に入り曲は?

和楽器バンド、ベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』を語る【2/3】鈴華ゆう子、いぶくろ聖志、神永大輔、蜷川べにのお気に入り曲は?

結成から4年、満を持して和楽器バンドがベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』をリリース。これまで発表してきたMVの全楽曲と新曲を含むバンドの軌跡が詰め込まれた1枚だ。第二弾となる今回はメンバーから鈴華ゆう子、いぶくろ聖志、神永大輔、蜷川べにの4名がそれぞれ選ぶお気に入り曲を答えてくれました。巻末の読者プレゼントもチェック!
mu-mo station編集部 | 3,768 view
最新シングルは豪華両A面!lolポーズで楽しんで♪「アイタイキモチ / nanana」インタビュー【後編】

最新シングルは豪華両A面!lolポーズで楽しんで♪「アイタイキモチ / nanana」インタビュー【後編】

2017年12月6日(水)に6thシングル「アイタイキモチ / nanana」をリリースするlol。初タイアップ、初バラードなど“初めて”がたくさん詰まった本作に掛ける想いを5人に語ってもらいました。後編は初のドラマ主題歌「nanana」と初のバラードソング「アイタイキモチ」の聞きどころについて。巻末の読者プレゼントも要チェック★
和楽器バンド、ベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』を語る【1/3】“軌跡”であり“奇跡”…より良い音を出すためにたどり着いた8人の境地とは

和楽器バンド、ベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』を語る【1/3】“軌跡”であり“奇跡”…より良い音を出すためにたどり着いた8人の境地とは

結成から4年、満を持して和楽器バンドがベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』をリリース。これまで発表してきたMVの全楽曲と新曲を含むバンドの軌跡が詰め込まれた1枚だ。今回は鈴華ゆう子(Vo)、町屋(Gt)、いぶくろ聖志(筝)の3人にアルバムへの思いや、これまでの和楽器バンドのイメージを一新する新曲のこと、そして4年の間での変わったことなどメンタル的な部分も語ってもらった。巻末の読者プレゼントもチェック!
mu-mo station編集部 | 4,493 view

この記事のキーワード