2017年6月6日 更新

長渕剛の新曲「Loser」がめちゃEDM風、インスタ人気おさつチップの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

5歳のあらた君&10歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「長渕剛」「Avicii」「EDM」「川越」「芋菓子おさつチップ」「小江戸おさつ庵」

●長渕剛なのに、EDM好き女子にオススメしたいナンバー

どうも、吠える音楽コンシェルジュ、ふくりゅうです。

(低音ヴォイスで)聴かず嫌いしてる子はいねが〜。。

聴きました? 長渕剛の配信リリースされたばかりの新曲「Loser」がめちゃいいのです。構成的には、イントロのピアノが美しくAviciiっぽい今風なセンスでありながらも、アコギとハープがむせび泣く、軽やかに切ない泣きメロを乗せて流れていく長渕節ばっちりな展開と楽曲トラックの心地よさ。サビ後に吠える、EDM的なセンスでかまされるWOW WOWコーラスの盛り上がりが熱いんです。
長渕剛の歌というフォーマットは維持しつつも、まさかのEDM好きな女子にオススメしたいナンバーに仕上がっているのでした。ほんと、野外フェスなどで流れたら間違いなくハイライトになるであろうナンバー。長渕ファン以外の子にこそ、聴いてほしいなぁ。

長渕 剛「Loser」| mu-mo(ミュゥモ)

長渕 剛「Loser」| mu-mo(ミュゥモ)
歌詞での “すすけたレコードCompany 裸の街にぶっ倒れ” や “音楽労働者は 腐った鉄格子にぶちこまれ” など意味深なフレーズも気になるところですが、楽曲のテーマが“敗北の歌”ってエモすぎます。聴いているとパワーをもらえて奮い立たされます。

昨今、人気の音楽テレビ番組『関ジャム 完全燃SHOW』などで、音楽の楽しさが再発見されることが多いですが、長渕剛「Loser」は、あえてのEDM的な構成であったり、歌詞や歌い回しの魅力であったり、解説しがいのある曲になりそうな予感です☆ あ、こう行った新展開は、ミュージシャン活動をされている息子さんからの影響も、もしかしたらあるのかもしれませんね。

●インスタで人気な、川越 芋菓子おさつチップ!

ではラストは、我が地元さいたまが誇る名店をリコメンドするこのコーナー。今週は運動会の代休ということもあって、みーくん10歳に“どこに行きたい?”どこに行きたい?”と尋ねたら、“川越で蔵をみたい!”との意外な返事が。まぁ、たしかに、どこの小学校も関東は運動会代休が重なったので、東京ディズニーランドもキッザニアは絶対に混んでるだろうなと、早々に候補外にしてたのです。というわけで、家族4人でアカデミックに川越に遊びに行ってきました。

我が街、大宮から埼京線で5駅の小旅行。かつての城下町であり、蔵造りの町並みが人気の小江戸、川越。江戸時代にタイムスリップしたかのような気分になれるんです。
 (1315)

目指すべくは蔵造りな通りの真ん中ぐらい、川越市のシンボルである時の鐘を横目にカップ片手に食べ歩く、小江戸おさつ庵名物の長〜い「芋菓子おさつチップ」へ。ここ、実は、2017年4月放送 星野源さん登場のテレビ番組『スマステ』で紹介されていたお店なんですね。
 (1317)

まるで花束のようにフォトジェニックなスタイルでカップに入ったヴィジュアルのインパクトが、女子人気となり、インスタグラムなどSNSにアップしたくて訪れるお客さんでお店は連日行列に。
 (1319)

サツマイモを縦に薄〜く、長〜くスライスしてカラッとあげたおさつチップの美味さ。うず高くそびえる芋チップにみーくんとあらたくんのテンションも上がっておりました。通常390円ですが、揚げたてのプレミアムは500円。せっかくなので、揚げたてをペロリ。ディップもいろいろ取り揃えられてますが、そのままが美味しかったなぁ。
 (1321)

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

空前絶後、超絶怒涛のキラーチューン。J-POP、ダンス・ミュージック、アニソン。すべてのポップスの生みの親!? 「Get Wild」が与えた衝撃とは?【後編】

空前絶後、超絶怒涛のキラーチューン。J-POP、ダンス・ミュージック、アニソン。すべてのポップスの生みの親!? 「Get Wild」が与えた衝撃とは?【後編】

現在のJ-POPやEDMブームの源流となっただけではなく、アニメソングに至るまで色濃くその影響を残すなど、大きなインパクトを日本の音楽シーンに与えたレジェンダリー・アンセム「Get Wild」。 その偉大さ、影響力の大きさを「Get Wild」に関係する3人のキーマンによるクロストークで語り尽くすだけでなく、「Get Wild」をより楽しめるイヤホン&ヘッドフォンもご紹介!
mu-mo station編集部 | 1,081 view

この記事のキーワード