mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2019年3月25日 更新

制作の段階からメンバーが関わった今作。たこやきレインボー『軟体的なボヤージュ』インタビュー

関西出身の5人組アイドルグループ「たこやきレインボー」が、2/27(水)に3rdアルバム『軟体的なボヤージュ』をリリースする。 ニューアルバムに込められた想いや、今後の目標について語って頂きました!巻末の読者プレゼントもお見逃しなく♪

TEXT:河上いつ子 PHOTO:西田周平
たこやきレインボーが、3rdアルバム『軟体的なボヤージュ』をリリースする。今作は、プロデュースや作詞家など、メンバーの意見が反映されている。また、「CM大喜利」と銘打ち、5種5様の新曲と演出、キャッチコピーを付けた実在する商品の30秒CM風ミュージックビデオの制作にもメンバーが参加するなど、これまで以上にメンバーの思いが詰まった作品が出来上がった。数多くの女性アイドルグループが活動するなか、自分たちの存在感を高めるために意識していることについても話を聞いた。
たこやきレインボー

たこやきレインボー

――制作の段階からメンバーが関わった3rdアルバム『軟体的なボヤージュ』は、「この方にこういう曲をプロデュースしてもらいたい、この方にこういう歌詞を依頼したい」などの意見が反映されているそうですが、メンバーそれぞれ、どなたにお願いしたいと思ったか、教えてください。
春名真依

春名真依

春名真依(以下、真依)「『私、ただ恋をしている』という曲を、メジャーデビュー前からお世話になっている前山田健一さんに書いていただいたのですが、これまでいっぱい書いていただいてきたからこそ、その信頼関係から生まれる、私たちの実体験を基にした歌を作ってもらいました。実体験といっても、2次元に恋をする歌なんですが(笑)、打ち合わせでは、メンバー全員が2次元への愛を想う存分、前山田さんにぶつけて、入れたいワードも提案して、形にしていただきました」

彩木咲良(以下、咲良)「2018年春のライブハウスツアーにDJとして一緒に回って頂いたCMJKさんに『SuperSpark』という曲を作っていただき、作詞は共同で私も書かせていただきました。メンバーが書いた詞があると、よりみなさんに気持ちが伝わって、説得力のあるアルバムになるよねとメンバーで話していたことから、初めて私が作詞に挑戦したんですが、大変でした。ごはんも喉を通らないくらいめちゃくちゃ考えて考えて。でも、できあがったときは達成感というか、これを世に出せるんやなという喜びがすごく大きかったです」

清井咲希(以下、咲希)「『Rise and Shine!』の歌詞をMioFRANKYさんに書いていただきました。メンバ―全員が好きな『ONE PIECE』のTVアニメの主題歌だった安室奈美恵さんの『Hope』を定期ライブで歌わせていただいたことがあったんですが、すごくいい歌詞で、私たちもこういう詞の曲が欲しいよねと話していたことから、作詞を手がけられたMioさんにお願いしました。Rise and Shineは「起きて!」という意味なんですが、私達5人が共同生活をしているうえで起きる出来事だったり、メンバーの日常が歌詞になっていて、女の子だったら共感できるところがいっぱいあるんじゃないかと思います。実際よりもちょっとかわいらしく書いていただいているんですけどね(笑)。私たちはキラキラっていうより、関西のおばちゃんノリなんで(笑)」

根岸可蓮(以下、可蓮)「氣志團さんに『ウエッサイ・ストーリー』という曲を作ってもらいました。ずっと書いてもらいたかったので、今回実現できてすっごくうれしいです。いかにも気志團さんらしい、すごくカッコイイ曲で、最初、簡単なクラップで始まるので、ライブではお客さんも一緒にやってもらったらうれしいですね」

堀くるみ(以下、くるみ)「去年の夏のライブで、ももクロさんの『BLAST!』という曲をカバーさせてもらったんですが、この曲を作った方に私たちもお願いしたい!と思い、invisible mannersさんにお願いしました。『BLAST!』はライブ前に、すごい熱量をかけてレッスンしたので、あのときの情熱とか、ライブが始まる瞬間の壮大な感じを感じられるよう作ってもらいました。イントロが、勢いがあって、行進が始まるような感じで、めちゃめちゃかっこいいんですよ。サビのメロディーも爽快感があるし、1曲目の収録曲として、アルバムの世界観をドンと提示してくれている曲となっていると思います」
堀くるみ

堀くるみ

――今回、初めて、アルバムの制作に携わってみて、どんなことを感じましたか?

真依「ライブのときは毎回、コンセプトに合わせて、例えばサーカスだったら、ステッキを使ったダンスをしようとか、椅子を使ったダンスをしようとか、アイデアを出させてもらっていたんですが、アルバムに深くかかわるのは今回が初めてだったので、より思いがギュッと詰まった作品になりました」

咲希「作家の方々との打ち合わせのとき、ちゃんとした言葉で説明しなきゃといろいろ考えたんですけど、なかなか言葉が出なくて……。でも私たちのふんわりした言葉でもちゃんと受け止めてくださって、みなさん私たちの思いの200%を越えるくらい素晴らしい曲を作ってくださったので、さすが!って感激しました」

くるみ「一番最初の打ち合わせが『あなたとの約束』を作曲してくれたJeff Miyaharaさんとだったんですが、メンバーのイメージは固まっていたけど、言葉にすると、ぼんやりしたことしか言えなくて」

真依「一人で夜歩いていても、寂しくないし、怖くない、温かみのある曲がいいみたいな」

咲良「でも、音源があがってきたら、私たちのイメージしていたものとピッタリで!」

真依「私たちが家で話してたところをどっかでのぞいてた?っていうくらい、ビックリしたよね」

咲良「これまでにもプロデュースをしていただいてきて、ごはんとかも一緒に食べたりして、信頼関係があったから通じ合えたのかなって」
彩木咲良

彩木咲良

――その『あなたとの約束』は、ドランクドラゴンの塚地武雅さんが初の歌詞提供を行いました。

咲希「塚地さんとはデビュー前から同じ番組に出させてもらっていて、めっちゃ昔の自分たちのことを知ってくれているんです。ずっと見てきてくれた塚地さんが書いてくれた詞だからこそグッときます」

可蓮「塚地さんからのメッセージのような内容で、すごく言葉がストレートなので、胸に響くし、すごく感動しました」
根岸可蓮

根岸可蓮

――『あなたとの約束』では、ミュージックビデオも作られました。懐かしい写真や映像を盛り込み、これまでのたこやきレインボーのあゆみとメンバー5人の絆の深さ、さらに未来への強い意志を感じさせる内容になっていますが、どんなところに注目してほしいですか。

たこやきレインボー / あなたとの約束

咲良「私たちのリード曲は、いつも明るくてキラキラした、元気のいい曲ばかりだったので、MVもカメラに向かってキメ顔が多かったんですが、今回は、初のしっとりしたバラードなので、私たちの素の表情が見られるMVになってます」

真依「撮影では本当に普通に遊んでいたもんね」

咲希「自然な表情に注目してください」
清井咲希

清井咲希

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自分自身を鼓舞しながら、進化して、下克上を狙う。たこやきレインボー史上、もっともクールなダンスナンバー「虹色進化論」インタビュー

自分自身を鼓舞しながら、進化して、下克上を狙う。たこやきレインボー史上、もっともクールなダンスナンバー「虹色進化論」インタビュー

大阪発の5人組アイドルグループ・たこやきレインボーがミュージックカード「虹色進化論」を2018年6月20日にリリースする。タイトルが示すとおり彼女たちの“進化”とそれに至る葛藤を描く、たこ虹としては異色のダンスナンバーだ。これまでのカラフルなアイドル像をあえて脱ぎ捨てて挑んだ本楽曲への覚悟を彼女たちに聞いてみた。巻末の読者プレゼント情報もお見逃しなく。
これで勝負できるなって感じました。ラストアイドル「大人サバイバー」インタビュー

これで勝負できるなって感じました。ラストアイドル「大人サバイバー」インタビュー

2019年4月17日に6thシングル「大人サバイバー」をリリースするラストアイドル。 MVの制作秘話や1周年記念コンサートの感想などを、グループを代表して、阿部菜々実・長月翠・間島和奏・篠田萌・畑美紗起の5人が語ってくれました!巻末の読者プレゼントもお見逃し無く!
“今が変化のタイミング” SKE48、次の10年へのスタートを宣言する一曲「無意識の色」センター・小畑優奈インタビュー

“今が変化のタイミング” SKE48、次の10年へのスタートを宣言する一曲「無意識の色」センター・小畑優奈インタビュー

2018年はSKE48の10周年イヤーとなる記念の年。そんな特別な年のスタートを飾るのは22枚目のシングル「無意識の色」。前作に続きセンターを務める小畑優奈に単独インタビューを敢行! 連続センターに抜擢された率直な思いや、前作とは違う新しい自分を見せたという彼女に話を聞いた。MV収録の秘話や、新たなオリジナル特典「歴代衣装着用生写真」についての話もチェックして!
今までとはまた違った一面をみせられる楽曲となりました。BOYS AND MEN「頭の中のフィルム」インタビュー

今までとはまた違った一面をみせられる楽曲となりました。BOYS AND MEN「頭の中のフィルム」インタビュー

2019年5月29日にニューシングル「頭の中のフィルム」をリリースするBOYS AND MEN。 今作の制作秘話や1月14日に行われたナゴヤドームの感想を、田村侑久・辻本達規・小林豊・本田剛文・吉原雅斗の5人が語ってくれました!巻末の読者プレゼントもお見逃し無く♪
今の自分たちだからこそできる表現のすべてをこのアルバムに詰めました。BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE『BALLISTIK BOYZ』インタビュー

今の自分たちだからこそできる表現のすべてをこのアルバムに詰めました。BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE『BALLISTIK BOYZ』インタビュー

EXILE TRIBE初のメンバー7人全員がマイクを持ち、ダンス、ラップ、ボーカルを披露する実力派グループBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEが2019年5月22日にメジャーデビューを果たす。武者修行からメジャーデビューまでの思い出やデビューアルバムの制作秘話、今後の目標について語っていただきました!

この記事のキーワード