mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年11月1日 更新

始まるのは何だ!? 始めなきゃだゼンブ!! i☆Risの新たなスタートを宣言する3rdアルバム『WONDERFUL PALETTE』インタビュー

2017年11月1日(水)にリリースされるi☆Risの3rdアルバム『WONDERFUL PALETTE』。声優とアイドルのハイブリッドユニットとして活動する彼女たちが、結成5年を迎えて今思うこととは…。それぞれが示した“いまの自分”と“未来への道”を紐解いていく。巻末の読者プレゼントも要チェック!

TEXT:伴 牧子

PHOTO:小境勝巳
via
2017年11月、デビュー5周年を迎えるi☆Risから、待ちに待った3rdアルバムが届いた。
『プリパラ』主題歌として彼女たちの成長を追いかけ、支えてきた「Shining Star」や「Ready Smile!!」、表現者としての新たな一面を示した「Re:Call」、そして熱狂の日本武道館公演で誰もが息を呑んだ圧巻の「イチズ-武道館Ver.-」。
5周年に向けて6人がどのようなストーリーを描くのか首を長くして待ち焦がれていたファンに対し、彼女たちが示した“いまの自分”と“未来への道”を紐解いていく。

あの当時から成長した“等身大の私たち”「WONDERFUL PALETTE」

--- 今作は日本武道館前後を時系列で追ってから6人のソロ曲が入り、皆さんの決意表明へと繋がっていくメッセージ性のあるアルバムだと感じました。特に若井さん作詞・作曲の「パズル」は胸に迫るものがあって。

若井:「パズル」は、いま私が感じているi☆Risの皆への想いや、出会ってから5年経った皆の気持ちを代弁…じゃないですがが、書き起こした内容になっています。

若井友希

PHOTO:小境勝巳
via
--- 作詞のために皆さんで話し合ったんですか?

若井:いえ、そういう訳ではなく。誰よりも私が一番i☆Risの近くでずっと皆と一緒にいて、気持ちの変化やそれぞれが目指すものを感じていたからこそ見えてきたものを歌詞に綴りました。

--- なるほど。若井さんというと歌の表現にもこだわりがおありだと思うのですが、皆さんへは歌い方もアドバイスしたり?

若井:私から皆に『こう歌って欲しい』とお願いすることはなかったのですが、レコーディングには全員分立ち会ってます。それぞれの個性とi☆Risへの想いを込めて歌ってくれたと思います。最近はそれぞれに忙しくて個別のスケジュールでレコーディングをすることが多かったので、久しぶりに皆が歌っているのを見ることができて新鮮でした!
--- このまま続けちゃいますが、表題曲の「WONDERFUL PALETTE」は皆さんの素の雰囲気に近い感じがしますね。

山北:私たちが今まで持っていた明るくてキラキラ、ポジティブな要素が詰まった曲かなと思います。これまでそういった雰囲気の曲は『プリパラ』の主題歌になることが多かったのですが、今回はi☆Risのことだけを追求した歌という意味で、今までの良いところを残しつつi☆Risらしさを伸ばすことができたんじゃないでしょうか。

山北早紀

PHOTO:小境勝巳
via
茜屋:イントロから疾走感がありますよね。『プリパラ』の主題歌の場合、小さい子も一緒に歌えるようにと目線を揃えて可愛く歌うことを意識するんですが、成長した“等身大の私たち”として歌えたと思います。
--- アルバムタイトル曲ということもありますが、アルバム全体の旗振りというか、すごくポジティブにここから未来へ進むんだという力強さも感じました。ライブでもすごく映えそうな曲だなと。

若井:この曲、最近フリ入れもしたんですけどすごく楽しくて可愛いんですよ。“世界は…キャンバスだよ”のところは筆を持ってキャンバスに絵を描くように動いたりとか、歌詞を拾った動きが多くてマネしやすいから、きっとライブで盛り上がると思いますよ。

i☆Ris / WONDERFUL PALETTE

それぞれの“いま”を描き出す6つのソロ曲

--- では、続いてソロ曲のお話を聞かせてください。今作では、初めて6人のソロ曲が収録されているのも聴きどころのひとつかと思いますが、担当した楽曲はご自身でリクエストされたんですか?

茜屋:アルバムを作るときに「どういう曲を歌いたい?」とスタッフさんに聞かれて、自分の希望を伝えるところからスタートしています。

茜屋日海夏

PHOTO:小境勝巳
via
66 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自分の心の中の闇と対峙する、人間として成長した6人の姿を歌に乗せて。i☆Ris「Changing point」インタビュー

自分の心の中の闇と対峙する、人間として成長した6人の姿を歌に乗せて。i☆Ris「Changing point」インタビュー

声優とアイドルの活動を両立する6人組ハイブリッドユニットi☆Risが2018年5月9日に16thシングル「Changing point」をリリースする。これまで夢や希望を歌い続けてきた彼女たちが、結成6年目にして歌う人間の闇と葛藤とは…。メンバーの茜屋日海夏と芹澤 優に話を聞いた。巻末の読者プレゼントもお見逃し無く。
普通に恋する飾らない私を表現することで、クリエイターとしての芯を見つけた意欲作「最悪な日でもあなたが好き。」芹澤 優インタビュー

普通に恋する飾らない私を表現することで、クリエイターとしての芯を見つけた意欲作「最悪な日でもあなたが好き。」芹澤 優インタビュー

声優とアイドルのハイブリットユニット i☆Risのメンバー・芹澤 優が2018年7月25日に1stソロシングルをリリース!「最悪な日でもあなたが好き。」はHoneyWorksプロデュースによるストレートに「好き」を伝えるラブソング。これまでよりリラックスした等身大の自分自身を投影できたという本作に込めた想いを語ってもらいました。巻末の読者プレゼントも要チェック♪
女の子たちの“憧れ”になれるよう歌っていきたい…Run Girls, Run!飛躍を叶える2ndシングル「キラッとスタート」インタビュー

女の子たちの“憧れ”になれるよう歌っていきたい…Run Girls, Run!飛躍を叶える2ndシングル「キラッとスタート」インタビュー

林鼓子、森嶋優花、厚木那奈美からなる声優ユニットRun Girls, Run!。2017年に結成し前作「スライドライド」で堂々のデビューを果たした彼女たちが、TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』のOPテーマに大抜擢!! 2018年5月2日に発売される「キラッとスタート」への意気込みなどをお聞きしました。巻末の読者プレゼントも要チェックです♪
D-selections 澁谷梓希×TECHNOBOYS 松井洋平 対談インタビュー【後編】2人が語るDセレの魅力と可能性。もう一曲コラボするならどんな曲!?

D-selections 澁谷梓希×TECHNOBOYS 松井洋平 対談インタビュー【後編】2人が語るDセレの魅力と可能性。もう一曲コラボするならどんな曲!?

D-selectionsの澁谷梓希さんとTECHNOBOYS松井洋平さんによるスペシャル対談もいよいよ後編! 個性的な男女5名のアーティストが集結しているD-selectionsの魅力とミュージック・ビデオ撮影の裏側、そして今後の展望などについて伺いました。
D-selections 澁谷梓希×TECHNOBOYS 松井洋平 対談インタビュー【前編】ベガス感を増幅させる劇伴と美しくもカオスな「LAYon-theLINE」に込められた意図

D-selections 澁谷梓希×TECHNOBOYS 松井洋平 対談インタビュー【前編】ベガス感を増幅させる劇伴と美しくもカオスな「LAYon-theLINE」に込められた意図

2017年8月23日にリリースされるTVアニメ『賭ケグルイ』ED曲「LAYon-theLINE」を歌唱するD-selectionsからリーダーの澁谷梓希さん、そして本作をプロデュースしたTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDから松井洋平さんにおいでいただき対談インタビューが実現!! ふたりによる熱いトークを前後編に分けてお届けします。

この記事のキーワード