mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年6月21日 更新

一緒にいられる幸せを大切にしたい…5年間で見えてきた愛のカタチを歌に載せて。MACO『BEST LOVE MACO』インタビュー

2018年6月20日に初のベストアルバム『BEST LOVE MACO』をリリースするシンガーソングライターMACO。2014年にメジャーデビューして以降、ラブソングを中心に共感を呼ぶ歌詞と歌声で10~20代の男女に絶大な人気を誇る彼女がベスト盤に込めた想いとは。親友・鷲尾伶菜(E-girls/Flower)とのコラボ楽曲や、同郷のGLAYの名曲カバーの制作秘話にも迫ります。巻末の読者プレゼントも要チェック♪

TEXT:中屋麻依子 PHOTO:八木虎造
2014年のメジャーデビュー以来、等身大のラブソングで恋するすべての人を応援してきたシンガーソングライターMACO。デビュー5年目突入となる今年、自身初となるベストアルバムをリリース。これまでの軌跡を振り返るとともに、同時収録されている新曲についても話を聞いた。SNSで「♯わしまこ」として話題の鷲尾怜菜(E-girls/Flower)とのコラボレーションソングでは2人の仲良しっぷりがわかるエピソードも披露してもらった。
via
---デビュー5年目突入となる、節目で初のベストアルバムをリリースしたいという気持ちがあったのですか。

MACO:ベストアルバムなんて大それたものをリリースするなんてできるのかな、という気持ちがありつつも、これまで作った楽曲を振り返ると一枚にまとめられるかもという気持ちもあって。それでみなさんが聴いたことのある曲から、デビュー前のファンの方から愛されている曲までを選曲して、5年目のMACOの自己紹介になるような1枚を出したいと思ったんです。
--- 1枚を通して聴いてみると、改めて「ラブソングのMACO」だと感じました。タイトルもズバリですし。

MACO:そう言っていただけると嬉しいです。年々「ラブソングといえばMACO」と思われているのを感じますし。だから、タイトルはすぐに決まったんですよ。これまでずっと「LOVE」を届けてきたし、これからも「LOVE」にまつわる曲を歌っていくだろうから、「ベストなラブのMACO」ということで決めました。意味もストレートだしゴロもいいですしね(笑)。
--- 確かに覚えやすい(笑)。4年に渡ってLOVEを届けてきているMACOさんですが、デビュー時の23歳のときと27歳の恋愛で変わったことは?

MACO:かなり変わりましたね。たとえば、昔はひとりよがりで自分の気持ちを相手に押し付けてしまったり、自分主体で物事を考えて言ってしまったりしていましたが、最近では、まず相手の気持ちを考えて発言するようになりました。最終的にはそばにいてくれるだけでいいし、一緒にいられる幸せを大切にしたいと思うようになりましたし。
via
--- 今作では新作が3曲収録されていますが、その中の「君のシアワセ」はまさに現在のMACOさんの気持ちが反映されている気がしました。

MACO:そうですね。「君のシアワセ」はドラマの主題歌として制作を依頼されたのですが、主人公の吉田鋼太郎さん演じる50代の男性の恋模様がテーマ。最初は、大人の男性の恋心が自分に分かるだろうかと不安もありましたが、大人の恋愛だからこそ、相手を思いやる気持ちを描こうと考えました。この歌詞は、自分自身が大人になったから書けたのかもしれません。
--- 今アルバムの注目としては、「Dear My Friend feat.鷲尾怜菜(E-girls/Flower)」で鷲尾伶菜さんとのコラボレーションナンバーもあります。以前、インタビューさせていただいときにMACOさんが「友達はあまりいないけれど、最近、同業の友達ができた」と話していましたが、その相手が…。

MACO:わっしー(鷲尾)です。趣味や行動パターンがすごく似ていて気が付けば一緒にいることが増えてきて、仲良くなっていた、という感じです。2人でカラオケに行くと歌う相性の良さも感じていたから、「いつか2人で曲を作れたらいいね」と話していたので、ベストアルバムが出るタイミングで「やろうよ!」となって。私が歌詞を書いたLINEをわっしーに送って、それにつなげるように彼女が歌詞を書くというスタイルで楽曲づくりを行いました。

<FANMADE>MACO - Dear My Friend feat. 鷲尾伶菜 (E-girls / Flower)

--- この曲にはお互いの思いが投影されていると思うのですが、鷲尾さんの歌詞にグッときた部分はありましたか?

MACO:「気づかないふりして いつも笑顔をくれる」という歌詞にはこみあげてくるものがありました。私が辛いときに、いつもわっしーは「大丈夫?」と心配そうに声をかけるのではなくて笑わせてくれる。それがすごく心地がよくて気持ちもラクになるんです。落ち込んで閉じこもりがちになるときに「ほら、いくよ!」と殻から引っ張り出しくれるのもわっしーで。でも、わっしーは私がいつも引っ張り出してくれた、と書いてくれていたんです。お互い同じ気持ちだったんだと、レコーディングが終わったときはグッときちゃいましたね。ちょうどレコーディングが終わった日が、私の誕生日の前日だったので、わっしーと完成祝いと誕生日祝いを兼ねて、鍋を食べに行きました(笑)。
via
--- すごくいい話ですね。そして、ラストナンバーには21年前にリリースされたGLAYの名曲、「HOWEVER」が収録されていますが、もともとMACOさんが好きな曲だそうですね。

MACO:10代の頃から大好きでよく聴いていた曲です。名曲ですしファンの方もたくさんいる楽曲ですから、自分が歌ってもいいのかという不安もありました。でも、好きだからこそ歌いたい気持ちがとても強かったですし、GLAYさんが承諾してくださってからは、何が何でも歌いたいと思ったんです。それだけこだわりがある分、レコーディングでは何テイクも録り直して、自分が納得するまで歌い続けました。男性目線の歌詞ですが、私が歌うことで女性が「好きな人からこう言われたら嬉しい」と思ってもらえたら嬉しいなと。そして、聴いてくださった方が「このカバーいいね」と言ってくれたらいいなと思います。
--- これからリリースイベントが続きますが、どんなライブになるのでしょうか。

MACO:1stシングルの「LOVE」をリリースしたときも、ライブイベントで全国を周らせていただいて、たくさんの方の前で歌ったことを今でも思い出します。そんな懐かしい思いを胸に、デビュー曲から今のMACOが歌う新曲までを届けたいですね。ファンクラブイベントは、初ワンマンを行った思い出の場所、恵比寿リキッドルームで行います。いろいろな仕掛けを考えているので、ぜひ、遊びに来てほしいです。
via
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

2018年7月18日にソロ第2弾シングル「Summer Mermaid」をリリースする宇野実彩子(AAA)。「夏を楽しく過ごせるようなサマーチューンが欲しくなったんです」という思いから生まれた表題曲は、キラキラしたサウンドと恋の楽しさがひとつになった大人なサマーラブソング。本作の制作をフックにしながら、ソロアーティストとしてのビジョンについて語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

2018年7月25日に1年3ヶ月ぶりのNewアルバム『unbreakable』をリリースする浦田直也。前作『unlock』で全曲作詞を手がけ、「心を解放して本音を吐き出した」と力強く語っていた彼が発表するのは、昨年のツアーのバンマス・宗本康兵が全曲を作曲し、浦田が再び全曲の作詞に挑んだ意欲作。作品完成までの繊細な心の機微を、ほとばしる思いのまま語っていただきました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
「MACOのラブソングが戻ってきた」と言っていただけるような一枚にしたくて…3rdアルバム『メトロノーム』インタビュー

「MACOのラブソングが戻ってきた」と言っていただけるような一枚にしたくて…3rdアルバム『メトロノーム』インタビュー

等身大のラブソングで恋するすべての人を応援してくれるシンガーソングライターのMACO。2017年11月15日に待望の3rdアルバム『メトロノーム』をリリース。メジャーデビューから3年、1年に1枚のハイペースでアルバムを生み出してきた彼女が一番、大変だったという今作。その理由や初めてラブソング以外にも挑戦した思い、そして意外すぎるプライベートにも迫ってみました。巻末の読者プレゼントもチェック♪
1つのジャンルに固執することなく、世の中的にいいとされるものだけを聴いて育ってきた世代…ビッケブランカ『wizard』インタビュー

1つのジャンルに固執することなく、世の中的にいいとされるものだけを聴いて育ってきた世代…ビッケブランカ『wizard』インタビュー

ビッケブランカが、2ndアルバム『wizard』を11月21日に発売する。現在放送中の新垣結衣と松田龍平がダブル主演を務める日本テレビ系ドラマ『獣になれない私たち』挿入歌「まっしろ」やTVアニメ『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』(TOKYO MXほか)EDテーマ「Buntline Special」などの話題曲を収録したアルバム制作やタイトルに込めた想い、音楽ルーツについて話を聞いた。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく♪
lol-エルオーエル-『lml』リリース記念特集【7/7】歌った結果が自分のパートに!?NEWアルバムのマル秘エピソードにも迫ります!【後編】

lol-エルオーエル-『lml』リリース記念特集【7/7】歌った結果が自分のパートに!?NEWアルバムのマル秘エピソードにも迫ります!【後編】

2018年10月31日(水)に2ndアルバム『lml』をリリースするlol。後編ではアルバム制作にまつわるエピソードや、自分自身も夢を追いかけている最中のlolがくじけそうになったとき支えにしているものについても語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★

この記事のキーワード