mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

mu-mo station(media stationを含む)サービス終了のお知らせ
2017年12月5日 更新

和楽器バンド、ベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』を語る【3/3】黒流、町屋、亜沙、山葵のお気に入りMusic Videoはどれ?

結成から4年、満を持して和楽器バンドがベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』をリリース。これまで発表してきたMVの全楽曲と新曲を含むバンドの軌跡が詰め込まれた1枚だ。最終回となる今回はメンバーから黒流、町屋、亜沙、山葵の4名がそれぞれ自分がカッコよく撮れたとお気に入りのMusic Videoをセレクト! 巻末の読者プレゼントも要チェックです‼

山葵(Dr)

山葵(Dr)

山葵(Dr)

via

『軌跡 BEST COLLECTION+』収録曲で、特に思い入れの深い曲を教えてください

「オキノタユウ」

「オキノタユウ」です。これまでの和楽器バンドは疾走感のある楽曲やヘヴィなサウンドの曲が多かったのですが、オリジナルの楽曲で今までとは違う和楽器バンドの魅力をリスナーに広められたことに大きな意味を感じています。

これまでに撮影したMusic Videoでお気に入りの楽曲とシーンを教えてください

「暁ノ糸」

「暁ノ糸」です。倒れこんでる自分の背中から始まることに最初観たとき我ながらびっくりしました(笑)。
刀を構えてキリッとしてるところも良いんですけど、階段から飛んで斬りかかるシーンが好きです。

和楽器バンド / 「暁ノ糸」MUSIC VIDEO/Wagakki Band"Akatsukino Ito"

和楽器バンドの曲をカラオケでよく歌っています。みなさんがカラオケに行った時の十八番はどんな曲ですか?(1103さん/20代/女性ほか多数からの質問)

中国の国民的歌手・俳優のアンディ・ラウ(劉 徳華)が歌う「笨小孩」という曲です。
僕が中国に住んでた子供の頃に流行した曲です。
当然中国語なんで一緒にカラオケに行ってる人には基本何言ってるのかわかりませんが、そこが逆に面白いみたいでウケはいいです(笑)。

関連リンク

和楽器バンドからの読者プレゼント情報

50 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第2弾は黒流&町屋!【3/5】

和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第2弾は黒流&町屋!【3/5】

2018年4月25日に5thアルバム『オトノエ』をリリースする和楽器バンド。“ミュージアム”というテーマを掲げ、聴覚だけでなく視覚的にも楽しめる本作に秘められた、メンバーそれぞれの想いをさらに深掘りすべく、4回に渡ってリレー方式でお届けしていきます。第2弾は黒流と町屋!巻末の読者プレゼントも要チェックです★
和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第1弾は亜沙&山葵!【2/5】

和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第1弾は亜沙&山葵!【2/5】

2018年4月25日に5thアルバム『オトノエ』をリリースする和楽器バンド。“ミュージアム”というテーマを掲げ、聴覚だけでなく視覚的にも楽しめる本作に秘められた、メンバーそれぞれの想いをさらに深掘りすべく、4回に渡ってリレー方式でお届けしていきます。第1弾は亜沙と山葵!巻末の読者プレゼントも要チェックです★
和楽器バンド、独占取材。超絶ポップにジャンルを飛び越える最新アルバム『オトノエ』ができるまで【1/5】

和楽器バンド、独占取材。超絶ポップにジャンルを飛び越える最新アルバム『オトノエ』ができるまで【1/5】

唯一無二の存在感を放つ和楽器バンドが、5枚目となるアルバム『オトノエ』を2018年4月25日に発売。ベストアルバム発売後、初のアルバムとなる今作は“ミュージアム”というテーマ通り、聴覚だけでなく視覚的にも楽しめる作品となっている。世界へ向けてジャパニーズ・ポップ・カルチャーを伝えるうえで、欠かすことの出来ない存在へと成長を遂げる和楽器バンドから目が離せない!巻末の読者プレゼントも要チェックです★
今は雨でも、流れ星が見えたら願いをかけて伝説を残していこう…和楽器バンド「雨のち感情論」インタビュー

今は雨でも、流れ星が見えたら願いをかけて伝説を残していこう…和楽器バンド「雨のち感情論」インタビュー

和楽器とロックを融合した唯一無二の音楽を奏でる和楽器バンド。なんと、デビュー4年目にして1stシングル「雨のち感情論」を2017年9月6日にリリース! なぜ、今シングルなのか。そしてタイトルに込められた思いとは。メンバーを代表して鈴華ゆう子(Vo)、町屋(Gt)、黒流(和太鼓)の3人に話を聞きました。巻末の読者プレゼントも要チェック!!
和楽器バンド、ベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』を語る【1/3】“軌跡”であり“奇跡”…より良い音を出すためにたどり着いた8人の境地とは

和楽器バンド、ベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』を語る【1/3】“軌跡”であり“奇跡”…より良い音を出すためにたどり着いた8人の境地とは

結成から4年、満を持して和楽器バンドがベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』をリリース。これまで発表してきたMVの全楽曲と新曲を含むバンドの軌跡が詰め込まれた1枚だ。今回は鈴華ゆう子(Vo)、町屋(Gt)、いぶくろ聖志(筝)の3人にアルバムへの思いや、これまでの和楽器バンドのイメージを一新する新曲のこと、そして4年の間での変わったことなどメンタル的な部分も語ってもらった。巻末の読者プレゼントもチェック!

この記事のキーワード