mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年12月13日 更新

精神的な閉塞感から抜け出す唯一の鍵は“自分との対峙”だった。SKY-HI『JAPRISON』インタビュー

SKY-HIが、2018年12月12日に4枚目となるオリジナルアルバム『JAPRISON』をリリースする。“JAPanese Rap IS ON”(=日本のラップはイケてる)と“JAPAN”と“PRISON”(=刑務所、牢獄)という一見、相反する2つの意味を持つ本作に込めた想いを熱く語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★

--- そもそも、今回、ここまで自分をさらけ出せたきっかけというのは、何かあったんでしょうか?

実はあるんですよ。今回、何曲かでクレジットされている元・天才っていうのがいて。あれは実はぼくりり(=ぼくのりりっくのぼうよみ)なんですけど、「Blue Monday」が出来たくらいに彼にも制作に入ってもらって。「Blue Monday」は曲として気に入ってたんだけども、あいつは不満そうで。家に帰ってから電話がきて、「日高氏(=SKY-HI)はひょっとしたら今、感情を全面に出すシーンが無いんじゃないですか?」って。確かに職業柄、ずっと自分を殺して、物事を潤滑に進めるっていうことをやってきたから、エゴが出るのって、それこそステージの上だけで。わりと大人ってそういう人が多いと思うんですけど、最近、本気で怒ったことってあります?
--- 無いですね……。内心すごく怒ってても、押し殺してしまう。

そうなりますよね。上手いこと進めないといけないから。けど、それってクリエイションとは真逆の作業で。そしたら、ぼくりりが「それって良くないですよ。口喧嘩をしましょう!」って、電話口でいきなり言われて。具体的に「あの曲のこのラインなんですけど、表現が陳腐じゃないですか?」とか、名指しでボンボン言ってきて。有難いことに、あいつは俺の曲をめっちゃ聴いていて、めっちゃわかってる(笑)。ムカッときて、「お前のあの曲のあそこでいきなり英語挟むのとか、ダメなJポップのやり方だよ」って反論して。大ゲンカですよ(笑)。それから二日後くらいに「New Verse」が書けたんで、あの口喧嘩のおかげかもしれませんね。
そんな訳でめちゃくちゃ感謝してます。それで親交も深まって、その後「What a Wonderful World!!」と「Shed Luster」のレコーディング時にはスタジオに遊びに来てくれたりして。俯瞰の視点で歌いたかった「Shed Luster」のHOOKなんかはいっそのことと思ってぼくりりに歌ってもらいました。

via
--- あと、資料を見ると、一曲目の「What a Wonderful World!!」では、ピアノのクレジットにセルジオ・メンデスの名前がありますが、あれは実際にご本人が参加したいうことでしょうか?

セルジオが本当に弾いてくれて。11月2日がアルバムのマスタリングの日だったんですけど、セルジオから11月1日なら日本にいるし、スタジオに行けるよって言われて。ギリギリ間に合う!って、スタインウェイのピアノをスタジオに用意して。「What a Wonderful World!!」のトラックの上で、好きに弾いてくれって言ったら、だんだんと興に乗ってきて、セルジオの量が増えていって。2バース目のポエトリーっぽいところのピアノは完全にセルジオに弾いてもらったものですね。

SKY-HI / What a Wonderful World!! (Prod. SKY-HI) -Music Video-

--- 今回、mu-moショップ/AAA Party/AAA mobile限定盤で、『FREE TOKYO』を『FEE TOKYO』とタイトルを変えてCD化していますが、タイトルを変えたのは?

ダジャレです(笑)。最初は『FREE TOKYO』を盤(CD)にしたいって言われた時は、断固反対で。というのは、『FREE TOKYO』って、自分史上最高の趣味でもある作品なんですけど、それはあれが無料配信だったからであって。結局、盤にしちゃったら何も変わらない。けど、この時代にCDを買ってくれる人への特典は豪華であったほうが良いんじゃないかって言われて、それは確かにそうだなって。じゃあ、『FREE TOKYO』をCDにする方法として、商品の宣伝のために書いている、ある意味、自分の主張ゼロな、本当の意味でコマーシャルラップなものを入れようって。CDを買ってくれるファンへのサービスとして、ペプシ(「MOMOTAROの歌」)とアディダス(「PLAY BACK」)のために書いたものをおまけとして付けて。さらに“FREE”から“R”を取ったら真逆の意味(fee=報酬、手数料)になるっていうのも、なんかちょっと気持ち良くて。ロゴも“FREE”にバツを付けて、それで帽子も作って。あれも完全に悪ノリです(笑)。

via

関連リンク

読者プレゼント情報

SKY-HI『JAPRISON』インタビューをご覧の方の中から、抽選で3名様に「直筆サイン入りチェキ」をプレゼント!

SKY-HI『JAPRISON』インタビューをご覧の方の中から、抽選で3名様に「直筆サイン入りチェキ」をプレゼント!

via

【応募締切】2018年12月31日(月)23:59まで

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「昔と今では全然違う」自らもプロデュースをおこなうSKY-HIが、外部プロデューサーを迎えた理由とは?「Snatchaway / Diver's High」インタビュー

「昔と今では全然違う」自らもプロデュースをおこなうSKY-HIが、外部プロデューサーを迎えた理由とは?「Snatchaway / Diver's High」インタビュー

ジャンルの枠を超えた存在感を放ち続けるSKY-HI。約1年ぶりとなる新曲は、ガンダムの世界観を異なる切り口で描いた「Snatchaway」と「Diver's High」のダブルAサイドシングル! “今年は大きなターニングポイントになる” と話す彼から目が離せない。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
ビッケブランカの幅広い創造性が楽しめる両A面シングル「夏の夢/WALK」インタビュー

ビッケブランカの幅広い創造性が楽しめる両A面シングル「夏の夢/WALK」インタビュー

2018年8月8日にメジャー2ndシングル「夏の夢/WALK」をリリースするビッケブランカ。兄者(あにじゃ)と慕うSKY-HIが参加したカップリング曲「Black Rover(feat.SKY-HI city raven remix)」についてもたっぷり語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
SKY-HI「観客5人」から日本武道館…日高光啓が乗り越えた「挫折の日々」

SKY-HI「観客5人」から日本武道館…日高光啓が乗り越えた「挫折の日々」

2017年5月31日(水)に発売されるSKY-HIのNewシングル「Silly Game」を記念して、彼の想いの丈を語るロングインタビューを実施! 5月に行われた日本武道館公演について、また社会派ソングともとれる歌詞が詰まった新曲について、そして自らのアイデンティティと未来について…じっくり語っていただきました。
正反対の2曲が収まったニューシングル! lol-エルオーエル-「サヨナラの季節 / lolli-lolli」インタビュー【前編】

正反対の2曲が収まったニューシングル! lol-エルオーエル-「サヨナラの季節 / lolli-lolli」インタビュー【前編】

メンバー全員がラップに初挑戦し、新たな一面を見せたlol-エルオーエル-が2019年3月20日にニューシングル「サヨナラの季節 / lolli-lolli」をリリース! 前編では、レコーディングやMV制作秘話について語って頂きました☆巻末の読者プレゼント情報もお見逃しなく♪
仮面ライダーファンの方にも楽しんでもらえる作品に。Shuta Sueyoshi feat. ISSA「Over “Quartzer”」インタビュー【後編】

仮面ライダーファンの方にも楽しんでもらえる作品に。Shuta Sueyoshi feat. ISSA「Over “Quartzer”」インタビュー【後編】

1月16日に2ndアルバム『WONDER HACK』をリリースするShuta Sueyoshi。1月23日には、DA PUMPのISSAとコラボレーションした、20作目にして平成最後のライダーとして話題のテレビ朝日系『仮面ライダー ジオウ』の主題歌「Over“Quartzer”」をリリースする。幼少期より『仮面ライダー』のファンだったと公言するShuta Sueyoshiに、その『仮面ライダー』の魅力からソロアーティストとして活動するうえで大切にしていることについて話を聞いた。

この記事のキーワード