mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年11月15日 更新

『アルプスの少女ハイジ』と『究極超人あ〜る』に学ぶエンタメ子育て論の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

7歳のあらた君&12歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「アルプスの少女ハイジ」「究極超人あ〜る」「子育て論」「エンタメ」「アニメ」

『アルプスの少女ハイジ』と『究極超人あ〜る』に学ぶエンタメ子育て論の話

どうも、音楽コンシェルジュのふくりゅうです。

これだけエンタメが充実した世の中となると、
子育てのバイブルとして文学や映画だけでなく、
漫画やアニメ、ゲームも有効だと思うんですね。

と言うワケで、今週はエンタメ子育て論についてつらつらと。

最近、カミさんが子どもたちに観せていたのが、
おいらやカミさん(←同年代)が生まれる前に放送されていた伝説的アニメ
『アルプスの少女ハイジ』(1974年1月6日〜12月29日)でした。
スタジオジブリとして知られる高畑勲(演出)、
宮崎駿(場面設定・画面構成)、ガンダム作品でおなじみの富野喜幸(絵コンテ)という
神の作り手が揃った日本を代表するアニメ作品でありまして、
ドラゴンボールの孫悟空でおなじみの声優、
野沢雅子が名もない少年役の声をやっていたりと
いちいち発見や感動があるグレートな作品なのです。

大人になって観ても古臭さは皆無。
クオリティーが高く、がっかりさせられることもありません。

主人公ハイジは、明るく利発で機転が利くのですが、
自分が正しいと思ったらとまれない性格で問題を度々起こします。

トラブルとなるシーンで、
うちの子どもたち、みー君12歳&あらた君7歳が
「あんなことしちゃダメだよね!」と縛られた
道徳観で感想を語りあっていたのが面白いなと。

そんなハイジも劇中、スイスの山奥からドイツの都会に出ることとなり、
居候先(←表現違う!)での厳しい躾が原因で
ホームシックになって夢遊病を発症し鬱病!?になるくだりなど、
人間を描き切っていてすごいなぁと。

そして、そこから山へ戻っての復活、
足が不自由な富豪の娘である親友クララや、
自閉症気味の羊飼いのペーターとの友情のあり方などなど。

そこには嫉妬など複雑な感情も芽生え、
皆それぞれの個性として描かれ日々成長していくのです。

文学作品であった原作からはだいぶ脚色され、
もはやオリジナル作品と言っても過言でない全52話を観ることで
人の生き方を客観的に、かつアニメーションであることから"自分だったらどうする?"という、
自分ごととしてわかりやすく主体的に感じとれ、
問題と向き合えることが学びとして大きいなぁと思いました。
心を揺さぶられたのです。

まさに、日本が誇る最重要アニメ作品(『未来少年コナン』もすごい!)だと思いました。
絶やしてはいけない、継承すべき作品ですね。

あと、カミさんは認めてくれませんが(泣)、
おいらオススメの漫画『究極超人あ〜る』(最近また復刊!)。
自由度が広がっていく学生時代の生き方というか、
人間関係のやりくり、抜け道の考え方、
人生の楽しみ方を教えてくれるバイブルなのであります。
ああ栄光の光画部(←劇中の写真部のこと)。

みー君12歳は、低学年の頃から完全にハマっております笑。
効能は、自分の頭で物事を考えられるようになり、
どんなことでも楽しめる性格となり、穏やかに育ちますぞ(忘れ物や宿題は苦手風?)。

mu-moステーション編集部 編集後記

どうも、mu-moステーション編集部のRです。

ハイジ!懐かしいです。
最近では某個別指導塾のCMで見かける方が多いのでは!?
私はハイジを最初から最後まで見たことあるのかな…?
どのような内容かは大まかわかりますが
最初から最後までフルで見たことがない気がします。

スイスが舞台となった作品だったので
絵コンテ的に映画の印象がありましたが
最初はアニメーションとして全52話も放送されていたんですね。

人間の苦労なども描かれているので
当時はすごい感動的なアニメだったんじゃないかなと感じました。

感動作品といえば私は「フランダースの犬」ですかねぇ。(T_T)

関連リンク

10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2019年のロックを鳴らす超絶ロックバンドKing Gnuの話、アニメ『はたらく細胞』にハマる小学生の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

2019年のロックを鳴らす超絶ロックバンドKing Gnuの話、アニメ『はたらく細胞』にハマる小学生の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

7歳のあらた君&12歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「アニメ」「King Gnu」「ロックバンド」「貝社員」「映画」「短編アニメ」
ARPによる次世代リアルタイム3D CGショーが凄い話、夏休みの宿題の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

ARPによる次世代リアルタイム3D CGショーが凄い話、夏休みの宿題の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「ARP」「会えるARイケメン」「KARD」「韓国」「K-POP」
2018年下半期大注目King Gnuの話、さいたま鉄道博物館のリニューアルがすごいの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

2018年下半期大注目King Gnuの話、さいたま鉄道博物館のリニューアルがすごいの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「King Gnu」「フジロックフェスティバル」「BANANA FISH」「さいたま鉄道博物館」「DAY6」
2018年間違いないNEXTブレイクの話、埼玉が誇るパワースポット氷川神社の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

2018年間違いないNEXTブレイクの話、埼玉が誇るパワースポット氷川神社の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「DEVILMAN crybaby」「SONY WI-1000X」「Reol」「氷川神社」「ポプテピピック」
Reol、国内ツアーファイナルを経て韓国、中国公演への話

Reol、国内ツアーファイナルを経て韓国、中国公演への話

7歳のあらた君&12歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「Reol」「シンガーソングライター」「国内ツアーファイナル」

この記事のキーワード