mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年6月6日 更新

今、私をもっと生きよう── 大塚 愛が語る今の「私」

大塚 愛さんが2年9カ月ぶりのシングル「私」を発表しました。最新曲では「今の自分を大切に生きていく」メッセージが歌われます。「マス=大衆」が見えにくくなったと言われる時代だからこそ「好きなことを形にしていくことが大事」と語る大塚さん。シンガー・ソングライターとして、音楽への向き合い方について聞きました。 出典:朝日新聞社「withnews」

大塚愛、新曲に込めた心構えが潔い!今だから貫く「好きなこと」

新曲『私』で「今の自分を大切に生きていく」メッセージを歌った大塚愛さん
via

何度も繰り返される「私」

1月にはじまったドラマ『嫌われる勇気』の主題歌として生まれた「私」。ドラマはアドラーの心理学を描いたベストセラーを原案に、それを刑事ドラマに仕立てたという異色の設定です。

主題歌の話をもらったのは11月でした。「今までの追い詰められの中で三本の指に入る」という短い制作期間だったそうです。これまでにない集中力でのぞんだ大塚さん。大事にしたのは「自分の弱さを認める勇気」でした。

「届けたかったのは、欠けている部分を受け入れる強さが必要なんだってことです」

歌詞には何度も“私”が繰り返されます。

「何事も向き合うこと以外に選択肢ってない。向き合わないと積極的な人生って、できないじゃないですか」

不安な私、ぶれているかもしれない私…そんな私を受け止めた上で、今できることをやる。聴き終わった後に漂うのは、前向きなメッセージです。

「光を感じたいなって。その光が自分を照らしているんだ。見ている人がいるんだって」

「届けたかったのは、欠けている部分を受け入れる強さが必要なんだってことです」と語る大塚愛さん
via

「今って、大衆って誰だろう?って思うんです」

デビューから14年。音楽との向き合い方も少しずつ変化してきたそうです。

「大衆が見えやすかった時代があるならば、そんな時代に私はデビューした気がします。でも、今って、大衆って誰だろう?って思うんです」

当たり前になった音楽配信サービス【iTunes Music Store】がスタートしたのは、大塚さんのデビューと同じ2003年でした。その後、音楽をめぐる環境は激変しました。最近では【Spotify】などネット経由のストリーミングで聴くサービスも浸透しています。

ファンの関心は細分化し、好きなアーティストの情報は、とことん追いかけられる時代。ネットがなかった頃には手に入れようもなかった曲が簡単に聴けてしまいます。

その結果、みんなが知っている曲としてのミリオンセラーは少なくなりました。

そんな音楽との距離感が変わった今の状況を、大塚さんは前向きに捉えています。

「どんどんバラバラになっている。でも、それは当たり前だなって思うんです。みんな見ているものが違う。いっぱい色んな人がいて、好みがそろう方が謎じゃないですか」

大手レーベルに所属するシンガー・ソングライターとしては難しい時代かもしれません。今、大事にしていることを聞きました。

「見えないところを狙って書くよりも、自分が大事だなと思うこと、好きなことを形にしていく方を選んでいきたい」

大衆が見えやすかった時代があるならば、そんな時代に私はデビューした気がします」
via

「SNSは、自分の世界観を補足するツール」

振り返ると、大塚さんはこれまでにも「黒毛和牛上塩タン焼680円」など、周囲の期待を上回る個性的な曲を作ってきました。活動は音楽にとどまらず、2012年には絵本『ネコが見つけた赤い風船』(講談社)も出版しています。

最近ではSNSでの発信にも積極的です。Instagramには、スタッフとの集合写真や、台車にしゃがんで乗っかるおちゃめな動画などを投稿しています。そして、時々、母親としての心情をのぞかせる言葉も。

「コミカルなものから、アートなものまで。インスタだと、マジメなこと、口に出すとちょっとうさんくさく聞こえることも、発信できます」

Twitterでは、ドラマの「実況中継」をファンと一緒に楽しみます。

「SNSは、自分の世界観を音楽以外のもので補足するツールになっています」

Instagram | aiotsuka_official

「表現としての音楽」へのこだわり

以前、大塚さんは、インタビューで「音楽をやるために生きてるっていう風じゃなくて、生きるために音楽をやってる」と語っていました。

あらためて音楽への向き合い方について聞くと「自分の作ったものが見られることが好きなんです」という答えが。

「私は、こそこそものを作っている時が幸せというか、楽しいんです」

そんな「表現としての音楽」へのこだわりは、ライヴの演出をすべて自分で手がける姿勢からも伝わってきます。

「やっぱりみんなが体感しにきてもらっているわけだから。気持ちよく、ずっと聞いてたいって思ってもらいたいから」
via

「ぶれぶれなのかもしれない。でも…」

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

2018年7月18日にソロ第2弾シングル「Summer Mermaid」をリリースする宇野実彩子(AAA)。「夏を楽しく過ごせるようなサマーチューンが欲しくなったんです」という思いから生まれた表題曲は、キラキラしたサウンドと恋の楽しさがひとつになった大人なサマーラブソング。本作の制作をフックにしながら、ソロアーティストとしてのビジョンについて語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
mu-mo station編集部 | 3,213 view
モダンでありながらクラシカル…様々な魅力を持つ国“日本=enigma”を旅してできた最新作『enigma』をMONKEY MAJIKが語る

モダンでありながらクラシカル…様々な魅力を持つ国“日本=enigma”を旅してできた最新作『enigma』をMONKEY MAJIKが語る

2018年3月21日にリリースされるMONKEY MAJIKのNewアルバム『enigma』。“神秘”“謎”“解き明かせないもの”といった意味を持つタイトルを冠した本作はいかにして制作されたのか…メンバー4人に改めてインタビューしました。さらにmu-moショップとライブ会場のみで販売中の【mu-moショップ・会場限定商品】に付いてくる「MONKEY MAJIKオリジナル弁当箱3点セット」大解剖も!巻末の読者プレゼントまで要チェックです。
mu-mo station編集部 | 3,322 view
こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

今年20周年を迎えたm-floがオリジナルメンバーのLISA、☆Taku Takahashi、VERVALの3人で約15年ぶりに再始動。2018年3月7日にリリースされた新作「the tripod e.p.2」で本格的な活動をスタートさせる。リユニオンに至る経緯、映画『去年の冬、きみと別れ』の主題歌「never」を含む新作の制作、今後のビジョンなどについて3人に聞いた。
“ひとりじゃない 君がいるよ”これは普遍的な愛の歌。Beverly 1stシングル「A New Day」インタビュー

“ひとりじゃない 君がいるよ”これは普遍的な愛の歌。Beverly 1stシングル「A New Day」インタビュー

母国フィリピンで数々の賞に浴した後、活動拠点を日本に移し、昨年デビュー・アルバム『AWESOME』でその実力を証明したBeverly。その後も、アリアナ・グランデのサポート・アクトを務めたり、ASEANに集う各国首脳陣の前でパフォーマンスを行うなど話題は尽きない。もはやカリスマ的歌姫と言っても過言ではないのだが、その素顔は異国の地で夢に向かって一生懸命頑張るキュートな女の子。フジテレビ月9ドラマ『海月姫』の主題歌含む1stシングル「A New Day」(2018年2月28日発売)を軸に、そんなBeverlyの今に迫ってみました。
純度100%の“今の私たちの歌声”を感じてほしい…Little Glee Monster 3rdアルバム『juice』インタビュー

純度100%の“今の私たちの歌声”を感じてほしい…Little Glee Monster 3rdアルバム『juice』インタビュー

 大みそか恒例の『第68回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たし、国民的アーティストの階段を上りつつあるLittle Glee Monster。1月17日には、Newアルバム『juice』を発売した。あくまで夢の途中段階だと語る彼女たちに、『紅白』初出場の舞台裏から最新アルバム、2020年に開催される東京五輪への夢について語ってもらった。
mu-mo station編集部 | 1,283 view

この記事のキーワード