mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年12月15日 更新

遠藤舞 First&Last アルバム『最終回』インタビュー【後編】今までお世話になった方やファンの方に対して感謝を伝える、区切りの一枚として。

2017年12月13日(水)にリリースされた、シンガー遠藤舞の最初にして最後のアルバム『最終回』。彼女の音楽への真摯な想いが丁寧に重ねられた本作を、音楽ライター藤井美保がじっくり紐解きます。レコーディングへのこだわり、音楽制作、そして芸能界を引退する未来について…前後編でお楽しみください。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。

TEXT:藤井美保 PHOTO:藤里一郎

「こう聴いてほしい」と押しつけるのは、得意じゃないんです

---本格的バラード「キンモクセイ」の「少し休んでまた歩こう」も、遠藤さんの今の心境なのかなと思ったりしました。

遠藤 配信をした途端、「舞さんが書いた歌詞ですか?」というファンの方の声が多く届きました。でもこれ、特に私の状況を踏まえた書かれた歌詞ではなかったんです。いちばん最近の曲なので、実は踏まえて書かれた歌詞の候補もあったんですけど、私がいいなと思ったのは元々の「キンモクセイ」の歌詞でした。
---ご自身のジャッジだったんですね。

遠藤 周りをちょっと振り回してしまったんですけど、本人が書いたと間違われるってことは、曲にマッチしてたということだと思うので、結果オーライかなと。『最終回』というタイトルにそぐう壮大なバラードを入れたいとも思ってたので、歌入れには心して臨みました。
via
---とても客観的な目を持ってますよね。歌にもそれを感じました。自分が自分が、ではなく、楽曲の世界観を大事にしてるんだなと。

遠藤 「こう聴いてほしい」と押しつけるのが得意じゃないんです。というか、それを私がやるのは違うなと。どう感じるかは聴いてくれる方の自由だし、むしろそっちを望んでいるので、「あとは聴く人の責任」って投げちゃってますね(笑)。
---そこが歌の心地よさの秘密かも。「close your eyes」は「いつかの日々と今日の月」と同じcell No.9の曲。

遠藤 これも録ったのはだいぶ前です。cell No.9の曲は、脱力感、空気間が独特で、オシャレな仕上がりになるんですよ。BGM的な感じで聴けるところも好きなところ。収録できてうれしかったです。
---「アイスコーヒー」と同じく、初回受注限定生産盤だけに入ってる「spring」も浮遊感がありますね。賛美歌のようなエアリーなコーラスと、オモチャが暴れてるみたいなイントロが素敵です。

遠藤 あの機械音みたいなの、いいですよね。あと、アウトロの古い足踏みオルガンみたいな音も好き。冷たい音と温かみのある音が混在する面白い曲だなと思いました。めいっぱい重ねたサウンドとしての声も楽しんでいただけたらと。
via
---オーバーチュア/インタールード的なナンバーでは、遠藤さんがピアノやリコーダーなど楽器演奏もしています。冒頭の「the first episode」は、どうやって作ったものですか?

遠藤 1stシングルの「Today is The Day」はやっぱり1曲目に持ってきたかったんですね。でも、そのまま入れちゃうとシングルと変わりなくなっちゃう。だから、「Today~」を匂わす導入部をつけようと。思いつくまま弾いたものをカタチにしました。
---中盤の「recorder~de~pieu」では、激しくリコーダーを吹きまくってます(笑)。

遠藤 今回のレコーディングで一番時間がかかりました。
---ですよね。けっこう宇宙的なインスト曲ですもん(笑)。

遠藤 これも私の振り回しから始まったんです。カッコいい曲なんですけど、ハードな曲を歌うモードにはどうしてもなれなくて。でも、何かしらのカタチにしたかったので、当時なぜかハマッてたリコーダーでやってみようと。もちろん、作家さんにもおうかがいを立ててOKをいただきました。歌メロは活かしつつ、それ以外は全編アドリブです。
---そうなんですか! 

遠藤 オケを流しながら思いつきでいっぱい吹き、ここではこのフレーズを使おうとセレクトしていったので、まる2日かかりました。

---テルミンもプレイしてますね。

遠藤 オモチャっぽいヤツなので音程が怪しいんですけど、アクセントになればなと思って真剣にキュルキュルしました(笑)。
---ある意味アヴァンギャルドなロックナンバーだなと。

遠藤 イメージは「ドッキリ」です。たぶん初めて私を聴く方は、「どこから歌が入るのかな?」って待っちゃうと思うんですね。「あれ、1番終わったっぽい」と思ってたら、2番になって終わっちゃう。そこで「あ、インストだったんだ!」と気づく、みたいな(笑)。

---そこに時間とパッションを注ぎ込んだと?

遠藤 はい。真剣にふざけたことをやってみました(笑)。
36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

2018年7月18日にソロ第2弾シングル「Summer Mermaid」をリリースする宇野実彩子(AAA)。「夏を楽しく過ごせるようなサマーチューンが欲しくなったんです」という思いから生まれた表題曲は、キラキラしたサウンドと恋の楽しさがひとつになった大人なサマーラブソング。本作の制作をフックにしながら、ソロアーティストとしてのビジョンについて語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
mu-mo station編集部 | 3,234 view
『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

2018年7月25日に1年3ヶ月ぶりのNewアルバム『unbreakable』をリリースする浦田直也。前作『unlock』で全曲作詞を手がけ、「心を解放して本音を吐き出した」と力強く語っていた彼が発表するのは、昨年のツアーのバンマス・宗本康兵が全曲を作曲し、浦田が再び全曲の作詞に挑んだ意欲作。作品完成までの繊細な心の機微を、ほとばしる思いのまま語っていただきました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 1,045 view
遠藤舞 First&Last アルバム『最終回』インタビュー【前編】うまく歌おうとか、微妙な味わいを出そうとか考えない“まんまの声”で音楽と向き合えた

遠藤舞 First&Last アルバム『最終回』インタビュー【前編】うまく歌おうとか、微妙な味わいを出そうとか考えない“まんまの声”で音楽と向き合えた

2017年12月13日(水)にリリースされた、シンガー遠藤舞の最初にして最後のアルバム『最終回』。彼女の音楽への真摯な想いが丁寧に重ねられた本作を、音楽ライター藤井美保がじっくり紐解きます。音楽のルーツ、各楽曲への愛、歌うということについて…前後編でお楽しみください。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 4,204 view
「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

“20世紀最強のギャグ漫画”と謳われた赤塚不二夫の代表作が18年ぶりにアニメで帰ってきた! 『深夜!天才バカボン』のOPを飾るエキセントリックなナンバー「BAKA-BONSOIR!」の作詞・作曲・編曲を手がけたTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDに、本作の制作への思い入れや、主要キャストによるスペシャルユニットB.P.O -Bakabon-no Papa Organization- (古田新太、入野自由、日髙のり子、野中藍、森川智之、石田彰、櫻井孝宏)のレコーディング秘話などを伺いました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』OP主題歌「DeCIDE」が2018年8月29日にリリース!本楽曲を歌唱する主要女性キャスト5名によるスペシャルユニット“SUMMONERS 2+(サモナーズツー)”から、レム・ガレウ役の和氣あず未さんと、エデルガルト役の加藤英美里さんにお話を伺いました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 1,206 view

この記事のキーワード