mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年9月5日 更新

Do As Infinityの過去、現在、そして未来。「To Know You」制作で見えてきた“私達が存在する意味”

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』『進撃の巨人』の劇伴で知られる澤野弘之をサウンドプロデューサーに迎えたシングル第二弾を2017年9月27日にリリースするDo As Infinity。夢にあふれた街「東京」をテーマに制作されたポジティブな「To Know You」と、アイデンティティの深層に迫り心の琴線に触れるバラード「唯一の真実」という壮大な世界観の作品となっています。この作品に込められた想いに迫るべく、彼らの過去、現在、そして世界へと広がる未来を紐解きました。

伴 ワーッ、すごい!(拍手)

大渡 自分はこういう人だとギターで言えるくらいの技術は身につけましたね。だから、今が一番ギターを弾いてて楽しいんです。
---それは素敵なことですね。
大渡 Do As Infinityはどうするべきかということと、自分だったらどうするかということが、今はかなり一致してきてます。そういう感覚に至ったところで澤野さんと出会えてよかった。じゃなかったら、また迷路にハマり込んでたでしょうね。結局のところ、「このふりかけかけたら、もっと美味くなるんじゃね?」というのがギターなんですよ(笑)。ドラムとベースと歌という土台があれば、べつにギターはなくてもいい。それでもあえて入れる選択をするなら、どこで何を弾くべきかを見極めなきゃならない。
---なるほど。
大渡 長くなりましたが、今は自信と手応えを感じながら、ギター稼業の楽しさを存分に味わって活動できてます。
---伴さんは、ボーカルに関して、あるいはDo As Infinityとしての活動自体に関して、見つめ直した時期はありましたか?
伴 出産、育児という人生のひとつの転機で、見るもの、聴くもの、読むもの、すべてのとらえ方が変わった気がしますね。以前より、一つひとつ「なんで?」と、考えるようになりました。歌を歌い、ときには歌詞も書く人間として、自分はどうあるべきかということもしょっちゅう考えてます。
---歌えてる幸せを、より強く感じるようにもなってますか?
伴 そうですね。やっぱり歌が好きなんだなということは、今になってすごく実感してます。同時に、私ひとり歌わなくなっても、誰も困りはしないよねとも思うんです。じゃあ、私が歌う理由って何? 私達が存在する意味って何? と、10分に1回くらい考えてますね。

PHOTO:小境勝巳
via
大渡 そりゃすごい(笑)。

伴 ってくらい、Do As Infinityが好きなんですよ。こうやっていろんな曲を残してこれたことは、自分の人生においてすごいことだし、世の中にこれだけいろんな職業があるのに、自分がここにいることが不思議ですらある。「なんで?」と掘って掘って考えてると、抜け出せないこともあります(苦笑)。なんかこう、まだまだマグマが眠ってるんですよ。
---芯の熱さが失われてないということですよね。澤野さんとの出会いを、伴さんはどう捉えていましたか?
伴 そもそも私は、臆病でビビリーなポンコツ(苦笑)。頭でっかちになりやすくて、抱えきれなくなるとひとりで爆発しちゃったりもする人。だから、最初はどうしていいかわからなかったんです。でも、ある瞬間ふと、「何事もやってみないとわからない。とにかく乗っかろう」と思えた。そしたら急に楽しくなってきたんです。
大渡 そうそう。「Alive」をやってるときは、なかなか入ってこなかったけど。

Do As Infinity / Alive -Music Video- Sound Produced by 澤野弘之(Hiroyuki Sawano)

88 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Do As Infinity×澤野弘之 「Alive/Iron Hornet」対談インタビュー

Do As Infinity×澤野弘之 「Alive/Iron Hornet」対談インタビュー

Do As Infinityの最新シングルは、TVアニメ「進撃の巨人」、TVドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」などの音楽を手がけ、多岐にわたるジャンルで絶大な支持を得ている音楽プロデューサー、澤野弘之とのコラボレーション。これ以上にないほどの科学反応が生み出した「Alive」「Iron Hornet」という2曲。独特の世界観とサウンドクリエイティヴに秘められた謎と制作過程に迫った。 text by 熊谷美広 photo by 川田洋司
SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“子供の頃に聴いていた洋楽”とは…?【2017年11月15日O.A.】

SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“子供の頃に聴いていた洋楽”とは…?【2017年11月15日O.A.】

InterFM897にて毎週水曜日24:00~O.A.中のラジオプログラム『mu-mo Premium club presents SUPER JUNIOR-D&E fellows』公式ブログ★記念すべき初回放送の今夜のプレイリストは“子供の頃に聴いていた洋楽”。ダンスに定評のあるドンヘとウニョクらしいセレクトとなりました。子供の頃の思い出とともにお楽しみください。
mu-mo station編集部 | 4,819 view
Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【後編】削ぎ落としたなかで奏でられるものを…サウンドとボイスの隙間から生まれる大人の音楽とは

Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【後編】削ぎ落としたなかで奏でられるものを…サウンドとボイスの隙間から生まれる大人の音楽とは

スムーズで、クールで、セクシーで、音に身を委ねていると、いい女、いい男になった気分に。そんな素敵な勘違いをさせてくれるSkoop On Somebodyの『State Of Soul』。今年20周年を迎えた彼らの新作にして6年ぶりのオリジナル・アルバムだ。スキルにもハートにも大人の魅力いっぱい。なのに、「今まででいちばんやんちゃな作品」という。「CDが売れない時代というけど、これから絶対さらにいいものが生まれてくるはず」とも。大人が夢見るフューチャー・ソウル。それは若い世代の憧れの世界でもあるはず。アルバムに込めた思いを、じっくりと訊きました。
mu-mo station編集部 | 1,013 view
パノラマパナマタウン、独占取材。アニメ『十二大戦』主題歌「ラプチャー」の真意を聞く。〜生きたまま 死ぬんじゃねぇぞ〜

パノラマパナマタウン、独占取材。アニメ『十二大戦』主題歌「ラプチャー」の真意を聞く。〜生きたまま 死ぬんじゃねぇぞ〜

西尾維新×中村 光のタッグで話題のTVアニメ『十二大戦』のオープニング曲に抜擢された「ラプチャー」を手がけるインディーズバンド“パノラマパナマタウン”。その詞曲をすべて手がける岩渕想太(Vo&Gt)に『十二大戦』の物語や、彼自身の幼少期について聞いてみました。落ち着きながら丁寧に言葉を選び、哲学を感じさせる発言に心が躍りました。言葉の魅力を持つ新しい才能を持つバンドの登場です。巻末の読者プレゼントも要チェックです。
mu-mo station編集部 | 1,417 view
Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【前編】好き嫌いは分かれるけど、嗜好品としては最上級…大人のためのフューチャー・ソウルを

Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【前編】好き嫌いは分かれるけど、嗜好品としては最上級…大人のためのフューチャー・ソウルを

スムーズで、クールで、セクシーで、音に身を委ねていると、いい女、いい男になった気分に。そんな素敵な勘違いをさせてくれるSkoop On Somebodyの『State Of Soul』。今年20周年を迎えた彼らの新作にして6年ぶりのオリジナル・アルバムだ。スキルにもハートにも大人の魅力いっぱい。なのに、「今まででいちばんやんちゃな作品」という。「CDが売れない時代というけど、これから絶対さらにいいものが生まれてくるはず」とも。大人が夢見るフューチャー・ソウル。それは若い世代の憧れの世界でもあるはず。アルバムに込めた思いを、じっくりと訊きました。
mu-mo station編集部 | 1,596 view

この記事のキーワード