mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

mu-mo station(media stationを含む)サービス終了のお知らせ
2017年9月5日 更新

Do As Infinityの過去、現在、そして未来。「To Know You」制作で見えてきた“私達が存在する意味”

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』『進撃の巨人』の劇伴で知られる澤野弘之をサウンドプロデューサーに迎えたシングル第二弾を2017年9月27日にリリースするDo As Infinity。夢にあふれた街「東京」をテーマに制作されたポジティブな「To Know You」と、アイデンティティの深層に迫り心の琴線に触れるバラード「唯一の真実」という壮大な世界観の作品となっています。この作品に込められた想いに迫るべく、彼らの過去、現在、そして世界へと広がる未来を紐解きました。

大渡 はい。ものすごく。
---スタートしたときは‥‥。
伴 お見合いでしたからね(笑)。
---言わせたいわけではないですが、今となってはお互い出会うべくして出会ったという感じではないですか?
大渡 ここまできたら、もはやそう感じるしかないですよね(笑)。

伴 アハハハ!

大渡 一度壊れても、今またあるわけですから。
---"2 of Us"を経て、伴さんにとっての亮さんの存在はどう変わりましたか?
伴 もう頼もしいかぎりです。「なんでもイケるよ」みたいな感じで。

大渡 (照笑)おこがましいかぎりではありますが。
伴 ライブで急なキー変更をお願いせざるをえないときでも、「オッケー」と言ってすぐ的確な対応をしてくれます。それにアコギってエレキとまた違う難しさがあるっていうじゃないですか。それさえもモノにしてる感じがカッコいいなと。
大渡 それで思い出したんですけど、ちょっとギターのことについて話してもいいですか? だいぶ遡った話になりますけど。
---ぜひ聞かせてください。
大渡 "解散"する前の自分というのは、ギターという楽器に対してもうちょっと他人行儀なところがあったんですよ。自分の感情を表現するひとつの道具にすぎないんだというような。ギターが担当楽器であるにもかかわらず、当時はそこに集中することなく、いわゆるグループの運営のほうにばかりに興味と意識がいってたんです。そこで必死に気をはいて、誰かに何かを伝えようとしてた。自分という存在を認められたかったんでしょうね。今から思えば、「俺はギター」というのがおこがましいほど、ギターの技術を高める努力をしてなかった。それに気づいたのは、実は再結成してからなんです。
---"解散"が2005年、再結成が2008年でした。

PHOTO:小境勝巳
via
大渡 その間、誘われて別の場所でギターを弾く機会も増えたんですね。そういった場所には、もっと若くて上手いギタリストもたくさんいる。それを目の当たりにしたとき、「俺は今まで何してたんだろう?」と急に後悔の念が襲ってきて、そこからですね、必死にギターのことを埋めにかかったのは。自分はギターを弾く人だという自覚を、そこでやっと持ち始めたんです。
伴 そこで目が覚めたとしよう。そしたら具体的に次は何をしたの?

大渡 自分がコントロールする道具のことを、まずもっと知ろうと思った。表現したいことを音にするためには、使い方も見つめ直さなきゃならない。そう思い始めると凝り性なので、どんどん欲求が増えていくんです。結果、すごく細かいところまで突き詰めて遠回りもしたけど、目が覚めて8、9年で、目指してたことは完全に掌握しました。
88 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自身の全てを使い“生きること”を謳歌する“Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE-”@東京国際フォーラムホールCライブレポート

自身の全てを使い“生きること”を謳歌する“Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE-”@東京国際フォーラムホールCライブレポート

Do As Infinityの新たな可能性を提示してみせた12thアルバム『ALIVE』発表から3ヶ月。本作を携えて全国5会場で開催されたライブツアー“Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE-”から、サウンド・プロデューサー澤野弘之をゲストに迎えて行われた5月20日(日)の東京国際フォーラムホールC公演の模様をお届けします。
私たちはいま、生きている。刺激的な出会いがもたらした音楽への喜びを謳歌せよ。Newアルバム『ALIVE』Do As Infinity × 澤野弘之 インタビュー

私たちはいま、生きている。刺激的な出会いがもたらした音楽への喜びを謳歌せよ。Newアルバム『ALIVE』Do As Infinity × 澤野弘之 インタビュー

Do As Infinityにとって3年ぶりのフル・アルバム『ALIVE』が完成した。2017年6月に発売されたシングル「Alive / Iron Hornet」よりサウンドプロデュースに迎えた澤野弘之とともに、メンバー 伴 都美子&大渡 亮に改めて彼らの音楽やバンドへの愛、新たな体制でスタートした楽曲制作への想い、そして本作のテーマとなった“生きる”ということについて、じっくりと語ってもらった。
Do As Infinity×澤野弘之 「Alive/Iron Hornet」対談インタビュー

Do As Infinity×澤野弘之 「Alive/Iron Hornet」対談インタビュー

Do As Infinityの最新シングルは、TVアニメ「進撃の巨人」、TVドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」などの音楽を手がけ、多岐にわたるジャンルで絶大な支持を得ている音楽プロデューサー、澤野弘之とのコラボレーション。これ以上にないほどの科学反応が生み出した「Alive」「Iron Hornet」という2曲。独特の世界観とサウンドクリエイティヴに秘められた謎と制作過程に迫った。 text by 熊谷美広 photo by 川田洋司
男であろうと女であろうと戦うときは剥き出しになる、強烈な欲望とエゴイズムを言葉に託して。Do As Infinityが語る「化身の獣」

男であろうと女であろうと戦うときは剥き出しになる、強烈な欲望とエゴイズムを言葉に託して。Do As Infinityが語る「化身の獣」

Do As Infinityがサウンド・プロデューサー澤野弘之とタッグを組んでのシングル第三弾「化身の獣」が2017年12月6日(水)にリリース。TVアニメ『十二大戦』EDテーマであるタイトル曲は伴都美子(Vo)と大渡亮(Gt)が「獣」に变化するダークな世界観のMVも話題だ。かと思えばクリスマスキャンペーン用に書き下ろされた“渋谷系”サウンドの「Lovely Day」他も収録された本作の充実ぶりについて、制作チームとしてのお互いの関係性も含めメンバー2人に話を伺いました。
今の自分たちだからこそできる表現のすべてをこのアルバムに詰めました。BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE『BALLISTIK BOYZ』インタビュー

今の自分たちだからこそできる表現のすべてをこのアルバムに詰めました。BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE『BALLISTIK BOYZ』インタビュー

EXILE TRIBE初のメンバー7人全員がマイクを持ち、ダンス、ラップ、ボーカルを披露する実力派グループBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEが2019年5月22日にメジャーデビューを果たす。武者修行からメジャーデビューまでの思い出やデビューアルバムの制作秘話、今後の目標について語っていただきました!

この記事のキーワード