mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年9月5日 更新

Do As Infinityの過去、現在、そして未来。「To Know You」制作で見えてきた“私達が存在する意味”

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』『進撃の巨人』の劇伴で知られる澤野弘之をサウンドプロデューサーに迎えたシングル第二弾を2017年9月27日にリリースするDo As Infinity。夢にあふれた街「東京」をテーマに制作されたポジティブな「To Know You」と、アイデンティティの深層に迫り心の琴線に触れるバラード「唯一の真実」という壮大な世界観の作品となっています。この作品に込められた想いに迫るべく、彼らの過去、現在、そして世界へと広がる未来を紐解きました。

★9/1(金)公開★Do As Infinityによる「オリジナルブレスライト」紹介動画

Newシングル「To Know You」【Dive At It・mu-moショップ限定盤】に付いてくる「オリジナルブレスライト」をメンバー自らご紹介します!

「To Know You」制作で見えてきた“私達が存在する意味”

TEXT:藤井美保
---サウンドプロデューサー・澤野弘之さんとの初顔合わせとなるシングル「Alive」がリリースされ、また、南米、台湾、シンガポールと海外公演が続くなど、今年になって活動が活発になってきてますよね。そのワケを知るためにも、まずここ2年ほどを振り返っていただこうと思います。ポイントにしたいのが、2016年にリリースされた『2 of Us [RED]-14 Re:SINGLES』、『2 of Us [BLUE]-14 Re:SINGLES』。Do As Infinity史上初めて二人だけで向き合い、亮さんのアコギと伴さんの歌だけで完結した作品ということで、非常に意味深いなと思っていました。
大渡 "2 of Us"は、出産を迎える伴ちゃんが無理なくできることは何かないだろうかと考えた制作アイディアだったんです。デビュー当時の僕達はアコースティックの装いだったので、そこに立ち返るアレンジを過去の全シングルに僕が施していき、伴ちゃんは歌に集中する。これならできるだろうと。ただ、サウンドは違えど既発曲をまた出すわけですから、正直、僕としては最初肯定的には受け取れなかった。でも、まずはやってみようと思ったんですけど。

Do As Infinity / 「2 of Us -14 Re:SINGLES-」RED盤・BLUE盤&「16th Anniversary 〜October's Garden〜」 -TEASER-

---2015年の夏のことですよね。リアレンジに取り組むなか、何か亮さんのなかで変化は起こりましたか?
大渡 それぞれの楽曲に関しては、以前から、「ここがこのコードだったらもっとメロディが生きるよな」といったアンサンブル上のフラストレーションのようなものを多少持ってたんですね。そこを自分なりのセンスで組み立て直してみたときに、ちょっとドアが開いた感覚がありました。楽曲における自分のギターをリニューアルするという意味でも、これはいい企画だなと思うようになったんです。1曲目に取り組んだ「深い森」をレコーディングする頃には、自分のやりたい方向性や"2 of Us"の意味みたいなものも確認できて、一気にモチベーションが上がりました。
---そうなんですね!
大渡 作業をするなかで痛感したのは、これまで出してきた曲がそこにあることがあまりにも当たり前になって、曲から何かを感じることをしばらく忘れていたなということ。「この曲はここがよくて、こうするとさらによくなる」などと考えながら、あらためて味わい直せたことは大きかった。最初は困惑もしたけど、それを乗り越えてやってみたら、プラスになることだらけでした。
伴 亮くんは、ホントに一番大変だったと思います。でも、あの青盤、赤盤は、出せてよかった。ライブでアコースティックで歌う機会も増えていたので、それを形に残せたのがうれしかったです。音楽を愛してる亮くんだからこその独特のユーモアも音に刻まれているし(笑)。

PHOTO:小境勝巳
via
---ふたりでやってる意味みたいなものを、あらためて実感したんじゃないでしょうか?
88 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Do As Infinity×澤野弘之 「Alive/Iron Hornet」対談インタビュー

Do As Infinity×澤野弘之 「Alive/Iron Hornet」対談インタビュー

Do As Infinityの最新シングルは、TVアニメ「進撃の巨人」、TVドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」などの音楽を手がけ、多岐にわたるジャンルで絶大な支持を得ている音楽プロデューサー、澤野弘之とのコラボレーション。これ以上にないほどの科学反応が生み出した「Alive」「Iron Hornet」という2曲。独特の世界観とサウンドクリエイティヴに秘められた謎と制作過程に迫った。 text by 熊谷美広 photo by 川田洋司
SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“子供の頃に聴いていた洋楽”とは…?【2017年11月15日O.A.】

SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“子供の頃に聴いていた洋楽”とは…?【2017年11月15日O.A.】

InterFM897にて毎週水曜日24:00~O.A.中のラジオプログラム『mu-mo Premium club presents SUPER JUNIOR-D&E fellows』公式ブログ★記念すべき初回放送の今夜のプレイリストは“子供の頃に聴いていた洋楽”。ダンスに定評のあるドンヘとウニョクらしいセレクトとなりました。子供の頃の思い出とともにお楽しみください。
mu-mo station編集部 | 4,816 view
Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【後編】削ぎ落としたなかで奏でられるものを…サウンドとボイスの隙間から生まれる大人の音楽とは

Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【後編】削ぎ落としたなかで奏でられるものを…サウンドとボイスの隙間から生まれる大人の音楽とは

スムーズで、クールで、セクシーで、音に身を委ねていると、いい女、いい男になった気分に。そんな素敵な勘違いをさせてくれるSkoop On Somebodyの『State Of Soul』。今年20周年を迎えた彼らの新作にして6年ぶりのオリジナル・アルバムだ。スキルにもハートにも大人の魅力いっぱい。なのに、「今まででいちばんやんちゃな作品」という。「CDが売れない時代というけど、これから絶対さらにいいものが生まれてくるはず」とも。大人が夢見るフューチャー・ソウル。それは若い世代の憧れの世界でもあるはず。アルバムに込めた思いを、じっくりと訊きました。
mu-mo station編集部 | 1,013 view
パノラマパナマタウン、独占取材。アニメ『十二大戦』主題歌「ラプチャー」の真意を聞く。〜生きたまま 死ぬんじゃねぇぞ〜

パノラマパナマタウン、独占取材。アニメ『十二大戦』主題歌「ラプチャー」の真意を聞く。〜生きたまま 死ぬんじゃねぇぞ〜

西尾維新×中村 光のタッグで話題のTVアニメ『十二大戦』のオープニング曲に抜擢された「ラプチャー」を手がけるインディーズバンド“パノラマパナマタウン”。その詞曲をすべて手がける岩渕想太(Vo&Gt)に『十二大戦』の物語や、彼自身の幼少期について聞いてみました。落ち着きながら丁寧に言葉を選び、哲学を感じさせる発言に心が躍りました。言葉の魅力を持つ新しい才能を持つバンドの登場です。巻末の読者プレゼントも要チェックです。
mu-mo station編集部 | 1,417 view
Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【前編】好き嫌いは分かれるけど、嗜好品としては最上級…大人のためのフューチャー・ソウルを

Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【前編】好き嫌いは分かれるけど、嗜好品としては最上級…大人のためのフューチャー・ソウルを

スムーズで、クールで、セクシーで、音に身を委ねていると、いい女、いい男になった気分に。そんな素敵な勘違いをさせてくれるSkoop On Somebodyの『State Of Soul』。今年20周年を迎えた彼らの新作にして6年ぶりのオリジナル・アルバムだ。スキルにもハートにも大人の魅力いっぱい。なのに、「今まででいちばんやんちゃな作品」という。「CDが売れない時代というけど、これから絶対さらにいいものが生まれてくるはず」とも。大人が夢見るフューチャー・ソウル。それは若い世代の憧れの世界でもあるはず。アルバムに込めた思いを、じっくりと訊きました。
mu-mo station編集部 | 1,594 view

この記事のキーワード