mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年12月28日 更新

年内最後のワンマンライブ『TOKI ASAKO LIVE TOUR 2018 “サファリの夜の夢”』@恵比寿The Garden Hallライブレポート

アルバム『SAFARI』を携えての2018年夏のツアーとはまた趣の異なるTOKI ASAKO LIVE TOUR 2018 “サファリの夜の夢”が、12月、東名阪と広島、香川で開催された。ホームページなどを通じて土岐麻子が事前に公表していたテーマは、「おやすみ前のベッドルームのイメージ」。さて、どんな素敵な夢が見られたのでしょう。ここでは、12月15日に恵比寿The Garden Hallで行われた模様をレポートする。

TEXT:藤井美保 PHOTO:KENJI MIURA with TEAM LIGHTSOME

via
会場までの道すがら、恵比寿ガーデンプレイスのクリスマス・イルミネーションにひとときほーっとなる。ひときわ目を引くのが、ツリー型に輝くバカラのシャンデリア。インスタ映えを狙うカップルたちのさざめきが、心地いいBGMのようにこだましていた。洗練された街の象徴であるかのようなその景色は、土岐麻子のコンサートのアペリティフにぴったり。なんて、ちょっと気取ってみた的な自分の感覚にクスッとしながらThe Garden Hallに入った。ステージにはクリスマス・ツリーが飾られ、観客は思い思いのお洒落をして開演を待っている。どこをとっても、ホリデー・シーズンの幕開けとなる土曜日を楽しもうという華やかなムードにあふれていた。
暗転して拍手が起こると、バンドメンバー3人とともに、さりげなく土岐麻子その人が登場した。シャイニーなベロアのパンツに大胆なスカーフ柄をあしらったトップス。大きなイヤリングと襟元と靴がキラキラ輝いている。にこやかにマイクの前に立つと、おもむろに自身のカウントで「♪ポン、ポン、ポン、ポン」とバンドメンバーも巻き込んでのドゥワップ・コーラス。始まったのは「Mister Sandman」だった。50年代の女性コーラス・グループであるザ・コーデッツのカバーだ。しかも、歌われている「Mister Sandman」は、いい夢を見せに来てくれるキャラクター。「おやすみ前のベッドルームのイメージ」というテーマにドンピシャの粋な選曲というわけだ。その素朴な味わいに、師走の疲れもまんまと解けていった。続いたのは「夢で逢えたら」。これはもう夢見るしかないよねと胸の中でつぶやきつつ、隠し味の効いた一筋縄ではいかないアレンジにうならされる。夏の『SAFARI』ツアーもともに回ってきたトオミヨウ(Key)、玉木正太郎(Ba)、鈴木浩之(Dr)という個性的なミュージシャンと土岐麻子だからこそできる音世界だろう。

via
「大好きなスタンダード・ナンバーです。子供から大人になるとき、自分の意味を問う瞬間がありますよね。そんなときに優しく寄り添ってくれる曲」という紹介で始まったのは、これも50年代のニーナ・シモンの「Little Girl Blue」。シンプルすぎるほどのメランコリックなメロディが、土岐の歌声によく似合う。彼女本来のメンタリティが、至極ナチュラルにこちらに伝わってくる気がした。続いたのは、『SAFARI』の中で文字通り最もメロウなナンバーと言っていい、「mellow yellow」。シンベを奏でる玉木がコーラスで加わり、作品とはまた違ったライブらしい味わいとなっていた。
「サクサク進んじゃってますけど、ここまで質問とかないですか?」というなんとも飄々としたMCに、ここまでちょっと緊張気味だった観客も一気に楽しく脱力。論理的だがザックリしてるこのしゃべりっぷりも、土岐の魅力のひとつだろう。「育った環境によって落ち着く場所が違う。私はどこなのか?」という話では、「やっぱり街、ビル、そして人々が集まる場所のエネルギー。今日みたいな場所は心が落ち着きます」とも。そこからの「City Lights Serenade」では、丁寧に声と向き合いながら紡ぎ出される歌にジンとした。一転、脳の快感中枢を刺激してやまなかったのが、サポート陣のワザが光る「Blue Moon」。どこかが麻痺してしまいそうな「愛はとても無口」の繰り返しに心地よく堕ちて、そのグルーヴィーなサウンドに身を委ねた。
一部の最後は、この夏リリースされた今井美樹のアルバム『Sky』に収録されている「Misty」のカバー。「City Lights Serenade」も手がけた「幼馴染み」の川口大輔の作曲で、「憧れの今井さんからのオファー」で土岐が作詞した曲だ。プロデューサーの亀田誠治のスタジオで、ロンドン在住の今井さんとスカイプを通じて打ち合わせをしたことなど、興味深い話もいっぱい。「いまは 曖昧な色が 私らしいから」という歌詞に自分を重ね合わせ、うんうんとうなずきながら聴いたのは、きっと私だけではなかったはず。モラトリアムも大事な人生の一過程と思える素敵な曲だった。
20分の休憩をはさみ、二部は「Cry For The Moon」から。土岐の新たなコスチュームは、やはり大胆なスカーフ柄をあしらったものだが、テイストはどこかエスニック。その佇まいが、ジャンル分けできないような不思議な魅力を湛えた楽曲とすごくマッチしていた。ここで、「年々、待ち兼ねてたよという感じじゃなくなってきた」というクリスマスのあるある話を観客と共有した土岐は、「でも、クリスマス・ソングには何か魔力があると思うんです」とも。というわけで、キリンジの「千年紀末に降る雪は」のカバーをやることに。「クリスマス? なんだよ、ケッ! と思う人に味方してくれる曲」という解説には、会場のあちこちから忍び笑いが起こった。いろんな意味で難解なこの曲のピッチに、ポーンとハマり続ける歌唱の気持ちよさったらなかった。

via
「ここからは夜なのにギラギラしてきて掃除とか始めちゃうテンションで、一緒に踊れたらいいなと思います」と、「Beautiful Day」からはアップ目のナンバーが4曲続いた。ドラム・ソロからの「SUNNY SIDE」は熱いジャム・セッションといった趣で、もうこちらも体が揺れて揺れて止まらない。スキャットのリズムの完璧さにも釘づけとなった。「CAN'T STOP feat. 大橋トリオ」では、1コーラス目をトオミヨウと、2コーラス目を玉木正太郎とデュエット。この二人の雰囲気ある声にドキッとする。音のすべてが繊細かつキレがいい。その美しいブレンドに心から酔わされた。興奮とともに「PINK」ではミュージシャンたちのボリュームもアップ。その熱に寄り添っていきながらも土岐は冷静に声をコントロールする。ただひたむきに歌を届ける人であらんとする姿が静かに心を打った。
「ありがとうございました。まどろみをと言いながら、寝た子を起こす展開になりましたけど(笑)」という土岐に、会場から大きな拍手が起こる。そして最後は、アルバム『PINK』、『SAFARI』のサウンド・プロデューサーでもあるトオミヨウとふたりだけで、後者のラストに収録されている「名前」。土岐の言葉にトオミヨウがメロディを施したこの曲は、詞先じゃなければ絶対そうはならないだろうといったフロウが非常に美しく、個人的に大好きな曲だ。ストイックともいえる訥々としたピアノだけで、土岐の声の周波数のすべてをじっくりと独り占めできるのがうれしかった。誰もが世界でたった一人の存在であることを凜と歌うその姿は、この曲の歌詞を借りれば、「きりもなく美しい」。本当にエレガントな光景だった。
アンコールは、ブロッサム・ディアリーの「Christmas in the city」。土岐が『STANDARDS in sentimental mood 〜土岐麻子ジャズを歌う〜』で細野晴臣とデュエットした曲だ。「都会の中のクリスマスを歌った曲」というのは土岐麻子らしいし、「あのバカラの点灯式は私がやったので、ぜひ見て行ってくださいね」と言うMCを聞けば、都会のお洒落番長そのものという感じもするのだが、「Christmas in the city」という曲そのものは、前出の「Mister Sandman」や「Little Girl Blue」と同じように素朴な匂いを持っている。東京生まれ、東京育ちで、街をテーマにしたスタイリッシュな曲を歌う土岐を「シティ・ポップの女王」と呼ぶ人も多いが、実は彼女の本質にはやはりそういった素朴さが、あるいは、素朴さへの憧れのようなものがあるのかもしれないとふと思った。都会に生きるからこそ求めてやまない人間くささ。それが、土岐麻子の歌声の奥にある魅力なのかも。
ラストは、永六輔、中村八大コンビの名曲「夢で逢いましょう」だった。私自身も昔からとても好きな曲だが、こうやってすべて通して聴くのは初めて。古き良きものへの愛と敬意が伝わるその声を聴きながら、音楽には夢がある、と、今さらながらに思う。満タンになった温かな気持ち会場を出て、さっきより一層賑わうあのバカラの横を再び通った。私には関係ないけどねと毒づきながら師走の人波に飲まれる自分も嫌いじゃない、と、土岐麻子風のレトリックが浮かびクスッと独り笑い。とても幸せな一夜だった。

セットリスト

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

さらなる飛躍に期待の、史上最高の大きな挑戦。BiSH「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR THE FINAL “THE NUDE”」LIVE Blu-ray/DVD 全曲レビュー

さらなる飛躍に期待の、史上最高の大きな挑戦。BiSH「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR THE FINAL “THE NUDE”」LIVE Blu-ray/DVD 全曲レビュー

“楽器を持たないパンクバンド” BiSH初のホールツアー「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR」ファイナルとなった幕張メッセ公演の映像商品が、2019年4月3日に早くもリリース。約17,000人の中心で輝く、飛躍を続ける6人の輝く姿を見逃すな。
“urata naoya LIVE TOUR - unbreakable - 10th Anniversary Special Final”@中野サンプラザホールライブレポート

“urata naoya LIVE TOUR - unbreakable - 10th Anniversary Special Final”@中野サンプラザホールライブレポート

昨年12月に始まったurata naoya(AAA)の“urata naoya LIVE TOUR -unbreakable-”が、2月16日、ソロデビュー10周年を記念する“10th Anniversary Special Final”として、華やかに、晴れやかに幕を閉じた。その中野サンプラザでの模様をお届けしよう。
最高のパフォーマンスで、最高の“笑顔”になれる!男女混成グループlol-エルオーエル-が作り上げる新しいライブ “lol live tour 2018 -scream-”

最高のパフォーマンスで、最高の“笑顔”になれる!男女混成グループlol-エルオーエル-が作り上げる新しいライブ “lol live tour 2018 -scream-”

2018年5月~8月に行われた“lol live tour 2018 -scream-”の最終日、Zepp Diver City公演の模様を収録したDVD/Blu-rayが2019年1月30日にリリース。 lolにとって初となるライブ作品だけに注目が集まる中、男女混成グループだからこその新しいライブをいち早く視聴しました。その魅力たっぷりのライブレポートをお届けします!
4人体制としては最後となったワンマンライブFAKY LIVE 2018 "fo(u)r"@恵比寿LIQUIDROOMライブレポート

4人体制としては最後となったワンマンライブFAKY LIVE 2018 "fo(u)r"@恵比寿LIQUIDROOMライブレポート

4人体制としては最後となるワンマンライブ「FAKY LIVE 2018“fo(u)r”」を開催したFAKY。Annaの卒業公演となった12月20日(木)恵比寿LIQUIDROOM公演の模様をお届けします。

この記事のキーワード