mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年6月6日 更新

思い出の「旅立ちソング&卒業ソング」は? 浅草で聞いてみた!元力士や相撲好きが教えてくれた青春の名曲たち!

【 街の人に聞いてみた。:浅草編 】旅立つ人も別れを見送る人も、その時その瞬間にふと思い出す「春ソング」があるはず。こんな季節だからこそ、懐かしい青春時代の歌を振り返ってみませんか?

【 街の人に聞いてみた。:浅草編 】旅立つ人も別れを見送る人も、その時その瞬間にふと思い出す「春ソング」があるはず。こんな季節だからこそ、懐かしい青春時代の歌を振り返ってみませんか?

 (29846)

出会いと別れ、ちょっぴりセンチメンタルな気持ちになる卒業シーズン。

住み慣れた故郷を離れて新しい新天地へ旅立つ人、
今まさに、卒業を間近に控えている人、

旅立つ人も別れを見送る人も、その時その瞬間にふと思い出す「春ソング」があるはず。こんな季節だからこそ、懐かしい青春時代の歌を振り返ってみませんか?

「旅立ち」「卒業」「桜」をキーワードに、背中を押された、励まされた、思い出いっぱいの春ソングを街の人に聞いてみました♪

相撲好きが集う、下町の大衆居酒屋「トンテキ元気×浅草ちゃんこ場」で聞いてみた!

 (29842)

シリーズ3回目となるインタビューの地は下町情緒が宿る街「浅草」!
大人から子どもまで世代を越えて賑わいを見せる「トンテキ元気×浅草ちゃんこ場」へ行ってきました♪
 (29844)

なんとこちらのお店、玉ノ井部屋元力士・田代良徳氏(東桜山良徳)がつくる本格塩ちゃんこ鍋が食べられるという、知る人ぞ知る相撲ファンの聖地!かごしま豚を使った豚料理と一緒に味わえることで地方から足を運びに来る人もいるのだとか。お花見シーズンになればさらに賑わいを増すこの場所ではどんな「旅立ち&卒業ソング」が出てくるのでしょうか?
「応援歌」湘南乃風

「応援歌」湘南乃風

“人と人との出会いには意味があること、時が経っても変わらない絆があることを感じさせてくれる歌。この歌を聴くと同級生から励まされているような気持ちになります。”
まずはこの方、浅草ちゃんこ場の看板男・元力士の田代良徳さんが選んだ春ソングは湘南乃風の「応援歌」!相撲という世界で共に闘った仲間、元大相撲力士・栃東との思い出が詰まったこの歌は田代さんにとって特別な存在。今でもこの曲を聴くと「夢を捨てるんじゃないぞ!」と心に訴えかけてくる、と笑顔で語ってくれました。
 (29849)

「卒業」尾崎豊
“めちゃ苦い青春の曲!!”

「さくら」ケツメイシ
“初めて聴いた時に一発で心にひびいた”
ジューシーな豚肉を店頭で焼いていたトンテキ元気×浅草ちゃんこ場の方にも思い出の春ソングを聞いてみると…出てきました! 80年代を代表する若者のカリスマシンガー・尾崎豊の「卒業」!サビの「卒業〜♪」は力いっぱいこぶしを入れて歌いたくなりますよね。いいことばかりじゃない、苦い思い出だってある、そんな気持ちを共有できる青春ソングです。

そしてケツメイシの「さくら」。「一発で心に響いた!」というコメントを頂きましたが、たしかに当時のこの曲のインパクトは衝撃的でした!PVに出演していた鈴木えみさんがカワイイと話題にもなりましたよね♪今年春公開の映画「ReLIFE リライフ」エンディングテーマとして、注目の女性シンガーソングライター・井上苑子がカバーしているので久しぶりに聞いてみてはいかがでしょうか。
 (29851)

「3月9日」レミオロメン
“小学校の音楽会で歌いました!それがきっかけでレミオロメンが大好きになりました!!この3月で大学卒業するので思い入れが深いです!”

「遙か」GReeeeN
“去年、夢を叶えるために上京してきて、その時にいつも聴いていたのですごく思い出に残っています”
家族ぐるみで相撲を観戦しながらちゃんこ鍋を楽しんでいたティーンズを発見!お二人に思い出の春ソングを聞いてみると、渋谷、恵比寿に引き続き、浅草でも「3月9日」が連続で登場!レミオロメンの「3月9日」!!小学校の音楽会で歌って以来、レミオロメンの大ファンになったのだとか。この春、大学を卒業するという思いから選んだ1曲でした♪

そしてGReeeeNの「遙か」。自分が決めた夢を信じて、その夢を叶えるために上京してきた、そんな時に背中を押してくれた励ましソングがこの歌!今まで頑張ってきたことがようやく形になるんです!と笑顔でコメントをくれました。
 (29853)

「3月9日」レミオロメン
“春になると聞きたくなる”

「さくら」森山直太朗
“春っぽいから”
性別を超えて、世代を越えて、春ソングアワードがあれば殿堂入りしていることでしょう、やっぱり強い、レミオロメンの「3月9日」!「春っぽいから」とコメントをもらった森山直太朗の「さくら」も卒業式や桜ソングの定番として、幅広い世代から親しまれている歌。どちらの楽曲も春になると不思議と思い出す王道の春ソングです。
 (29855)

「オワリはじまり」かりゆし58
“ 小学校の卒業式と運動会の退場曲!!! ”

「アカツキ」MAN WITH A MISSHION
“大好きなマンウィズの春を思わせる曲だから”
かごしま豚を美味しそうに食べていたお二人に、春ソングを聞いてみたところ・・・!ドラマ「三匹のおっさん3」の主題歌でも話題となった、かりゆし58の代表曲「オワリはじまり」をセレクトしてくれました。今や学校でも歌われる卒業ソングとなっているんですね♪

頭はオオカミ、身体は人間でお馴染みのオオカミバンドMAN WITH A MISSHIONからは「アカツキ」が登場!ハードコアなイメージを持つ彼らの音楽ですが、この歌を聴けば一目瞭然!全文が日本語歌詞のバラード春ソングなんです。気持ちがやさしくなれる、マンウィズの泣ける歌はロック好きなら要チェックです!!

街の人に聞いてみた「春ソング特集・浅草編」いかがでしたでしょうか?

日本の伝統競技、相撲を心から愛する人たちが食を通じて集う「トンテキ元気×浅草ちゃんこ場」ではお鍋を囲みながら大スクリーンで相撲観戦を楽しんでいた家族や豚料理を味わう地元の人たちで大賑わい♪新生活を控えている人、受験が終わった人、夢に向かって第一歩を踏み出そうとしている人、新しい仕掛けをしようとしている人、さまざまな人たちの人生の一場面を春ソングで教えて頂きました♪
春ソングって他にどんな歌があったっけ…!?と思ったら「1,000人に聞いてみた人気の春うた」を特集しているmu-moショップに注目!今回登場した曲はもちろん、カラオケで歌いたくなるような名曲がまとめて見れちゃいます♪さらに、期間限定で豪華賞品が当たるキャンペーンも実施中!こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

mu-moショップ春うた特集

mu-moショップ春うた特集
取材協力:
トンテキ元気×浅草ちゃんこ場
住所:東京都台東区西浅草2-27-10
TEL:03-3845-0550
営業時間:平日17:00〜24:00(L.O.23:30)
土日祝日 11:30〜24:00(L.O.23:30)

元のページを表示 ≫

関連する記事

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

渋谷ゲイバーで聞いてみた春ソング! 失恋から立ち直る前向きソングから恋愛成就の勝負曲までイケメンGAYたちが語る!

渋谷ゲイバーで聞いてみた春ソング! 失恋から立ち直る前向きソングから恋愛成就の勝負曲までイケメンGAYたちが語る!

【 街の人に聞いてみた。:渋谷ゲイバー編 】旅立つ人も別れを見送る人も、その時その瞬間にふと思い出す「春ソング」があるはず。こんな季節だからこそ、懐かしい青春時代の歌を振り返ってみませんか?
思い出の「旅立ちソング&卒業ソ ング」は? 恵比寿横丁で聞いてみた!尾崎豊、AAA、ケツメイシ、青春の名曲たち…!

思い出の「旅立ちソング&卒業ソ ング」は? 恵比寿横丁で聞いてみた!尾崎豊、AAA、ケツメイシ、青春の名曲たち…!

【 街の人に聞いてみた。:恵比寿横丁編 】旅立つ人も別れを見送る人も、その時その瞬間にふと思い出す「春ソング」があるはず。こんな季節だからこそ、懐かしい青春時代の歌を振り返ってみませんか?
思い出の「旅立ちソング&卒業ソング」は?SHIBUYA109で聞いてみた!レミオロメンやEXILEのあの名曲も…

思い出の「旅立ちソング&卒業ソング」は?SHIBUYA109で聞いてみた!レミオロメンやEXILEのあの名曲も…

【 街の人に聞いてみた。:SHIBIYA109編 】旅立つ人も別れを見送る人も、その時その瞬間にふと思い出す「春ソング」があるはず。こんな季節だからこそ、懐かしい青春時代の歌を振り返ってみませんか?
その人の人生に何かを遺せるような存在になれたら…デビューから3年が経ったlolの7thシングル「ice cream / ワスレナイ」インタビュー

その人の人生に何かを遺せるような存在になれたら…デビューから3年が経ったlolの7thシングル「ice cream / ワスレナイ」インタビュー

男女混成ダンス&ボーカルグループのlolが、7枚目となるシングル「ice cream/ワスレナイ」を3月21日に発売。メンバーも「大好きな曲」と言う、いまの季節にピッタリの“出逢い”と“別れ”をテーマにした2曲が完成した。デビューから3年が経ち、“新しい自分”に出会ったと言うメンバーは、いま何を想い考えているのだろうか。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
春は日本の音楽で女子力磨きましょ【其の三】和楽器バンドの黒流&町屋の「心に残る春うた」

春は日本の音楽で女子力磨きましょ【其の三】和楽器バンドの黒流&町屋の「心に残る春うた」

3月22日(水)に3rdアルバム『四季彩-shikisai-』をリリースした和楽器バンドに、全4週に渡りインタビュー! 詩吟、和楽器とロックバンドを融合させた新感覚ロックを「日本人にしか表現出来ない音楽エンタテインメント」として海外に向けて発信し続けている彼らの“いま”をお届けします。

この記事のキーワード