mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年12月19日 更新

デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

2018年12月19日に自身初のベストアルバム『ボイメン・ザ・ベスト』をリリースするエンターテイメント集団BOYS AND MEN。今年で9年目となる彼らが初のベストアルバムを出す心境やMVの撮影秘話を語ってくれました。さらにナゴヤドームに向けての意気込みや2019年の目標にも迫ってみました♪巻末の読者プレゼントも要チェックです!

via
TEXT:川倉由起子 PHOTO:小境勝巳

――まずは、ボイメン初のベストアルバムをリリースする今の心境から聞かせてください。

田村 今までいろんなCDを出させていただきましたが、それが1枚にまとまった形というのはなかったので。ファンの皆さんや最近好きになってくれた人から「どれを買ったらいいか迷う」という声もあったりしたので、そういう人たちにやっとオススメできるCDが出せるなと思うとうれしいです!
辻本 来年1月にはナゴヤドームも控えていますし、知らない人たちに向けた予習編としてもこういう作品があるとすごくいいなって。タイミングはバッチリだと思います。
平松 ただ、曲が溜まりに溜まってたぶん、曲数がかなり多くて。今までこんなにCD出してたんだーって、自分たちでもビックリしました(笑)。
田中 しかもジャケット写真の雰囲気のように、“ザ・賑やか!”っていう曲が多い。
水野 確かにね。あと僕たち今年で9年目なんですけど、ここでベストを出したら来年どうするんだろうなーっていう素朴な疑問も(笑)。
本田 10年とか節目の年に出すのは多いけど、僕たちはなぜか9なんだよね。
辻本 待ち切れないぞーって感じで出しちゃった!?(笑)
田村 分かった! 来年またベストアルバム出すんじゃない? 今までの全楽曲を完全コンプリートしたやつ!
本田 いやいや、それはないでしょ。みんな今回のベスト買わなくなっちゃうからね(笑)。

――タイトルはストレートに「ボイメン・ザ・ベスト」。ユニークなタイトルも多い皆さんですが、ここは直球なんですね。

本田 まあ、タイトルを見てすぐに“ベストだな”って分かりやすいんで!
吉原 ……(少し溜めて)ボイメンを伝えるベストアンサー、みたいなことですよね。これが今のボイメンの出せる最良ですっていう。
(一同無言)
吉原 ……え! なんでこんな空気になる!?
平松 いやいや、いいんだよ。それこそがベストアンサー!
吉原 いや、やっぱわかんなくなってきた。さっきの取り消しで!(笑)
辻本 大丈夫だよ。自信持って!
水野 ひと言でまとめるなら、シンプル・イズ・ザ・ベストってことですかね。

via
――シングル曲はもちろん、今作には新曲も2曲収録。「男気・夢・音頭」はどんな曲ですか?

田村 ザ・お祭りソング! 来年とか、この先のお祭りでガンガン流してほしいなって。
勇翔 あとは、お祭りでありながら、ファンの人への感謝の気持ちを伝える曲にもなっています。
本田 振り付けもすごく簡単! 僕ら、新曲のたびに「簡単だから踊ってください」って言ってる気もするんですけど(笑)、今回は特にそうなんです!
土田 4パターンしかないからね。でも一緒に踊ってもらいたくて、あえてそうなってる。
本田 ちなみに振り付けをしてくださったのはラッキィ池田さん。レクチャー動画も撮影したし、本当にみんなで踊れる曲に育っていくといいな。
辻本 あとは初めて曲の中にウェーブの振りがあって。お客さんも最初は慣れないとは思うけど、一緒に大きいウェーブを作っていけたら。
田村 ナゴヤドームではビッグウェーブを起こしたいよね!

――MVもお祭り感満載の賑やかな仕上がりですね。ソロシーンでは、それぞれユニークなことにも挑戦しています。

辻本 大変だったのはやっぱり賢人じゃない? 頭から水を被って、髪を乾かすのに時間がかかってた。
平松 ヘアメイクさんが現場に3人いたんだけど、3人がかりで僕の髪を乾かしてくれて。その後が全員のシーンだったから完全に僕待ちだったのはちょっと気まずかった(笑)。
本田 仕方ないんだけどね。
田村 僕は吉原の「箱の中身は何だろな」ゲームの中身をやったんですけど、吉原が挑戦する10分前くらいから隠れてスタンバイしてて。しかも「動くな」とか「揺れるな」って言われて、めちゃめちゃキツかった(笑)。
土田 本番が始まってからも結構長かったよね。
田村 約20分! 実際映ってるのは数秒だけど、吉原がビビり過ぎてめっちゃ時間がかかった。
吉原 あれは本当にドキドキした!
水野 オレの特大ギョーザの大食いは、ギョーザが長時間その場に置いてあったから皮がカッチカチになってた(笑)。
本田 うーん、それも仕方ない(笑)。
辻本 オレがついたお餅もカッチカチだったよ。
水野 だよねー。
田中 オレが抱っこしたウサギもカッチカチだった!
水野 それは違う!(笑)
田中 わはははは(笑)。モフモフで可愛かったよ。
勇翔 僕の瓦割りは案外簡単でしたね。初めてだったから、これ大丈夫?と思ったけど無事成功。7枚イケちゃいました。

――土田さんは足つぼマッサージを受けていましたよね。

土田 超痛かったです! あれは本当にヤバかった。
田村 “盛ってないですよ”ってことよね。
土田 あの反応はガチだから!
平松 現場では「リアクション嘘くさいぞー!」とか野次が飛んでたけどね(笑)。
土田 ガチだと逆にリアクションが嘘っぽくなるのかもしれない。
本田 全然信じてもらえなかったもんね(笑)。
水野 (本田に)お前こそリアクション盛ってたんじゃない?
本田 僕!? いや全然! みんなに全身をすぐられたんですけど、くすぐりが昔から本当にダメで。しかも体を縛られてたから、少々バイオレンスな動きになってしまった(笑)。
平松 暴れて顔が撮れず「もう1テイク!」ってあったもんね。
本田 自分で自分の首をしめてしまいました(笑)。

via
――では、もうひとつの新曲「BOYS AND MEN夜露四苦」の聴きどころはいかがでしょう?

水野 ひと言で言うなら、ボイメン初の自己紹介ソングです!
平松 ここまで個人個人の声を楽しめる曲は今までなかったし、こんな声なんだーとか、改めて注目してもらえるとうれしい。それぞれのキャラクターもよく歌詞に落とし込まれてるし。
本田 作詞してくださったヒャダインさん(前山田健一)が、見事に僕らの特徴を掴んで書いてくれたよね。
吉原 ライブとかで聴いたら、何かしら覚えて持ち帰ってもらえるものがあると思う。初めて見た人も“ああ、あの人は○○キャラの人ね”って。

――この歌詞はまさにリアル!みたいなフレーズってありましたか?

水野 それはもう辻本くんですね。“塩対応”っていうのが……(笑)。
辻本 あれ~? オレいつもファンの人に「帰さない!」って言ってるんだけどな。
本田 いやいや、それ1回でいいから言ってあげてよ。泣く子出ると思うよ(笑)。
田中 あと土田の“Wikiが一人なかった”とか“自動扉が開かない”もリアルなやつだね。
土田 一人だけ個人ページに飛ばないっていう(笑)。
田村 今もないの?
土田 うん、多分。1回誰かが作ってくれたんだけど、すぐ消えちゃった(笑)。
本田 まあ、今日なくても明日できてる可能性もあるから!
土田 “Wikiにない”がひとつのキャラになるって、どうなんだろう(笑)。まあ、今はそれで覚えてもらえたらいっか。
田村 そうだよ、そうだよ! 頑張っていこう!

via
――続いては、デビューからの印象に残っている出来事を教えてもらえますか? 9年間のターニングポイントと言える活動などもあれば。

田村 やっぱり、日本ガイシホールでコンサートをやったのは大きかったよね。初めて1万人規模の場所に立って、会場入りしたときにはもうみんなウルウルしてた。
本田 ステージを見た段階でね。
田村 吉原くんなんて、実際泣いてたもん。
吉原 はい、リハで泣きました。
田村 わはははは! で、そんな大事な夢のステージでですよ? 本田くんが出だしから転ぶっていう(笑)。
本田 はい。登場5秒くらいで、愛嬌を振り巻いてたら花道で転んじゃった。
辻本 しかもそのとき、次の衣装を中に2着ほど着込んでて。転んだ勢いで最終段階の衣装まで見えちゃってもう大変!
本田 あれは申し訳なかったな~。
辻本 そのせいで他のメンバーが次にバッて早替えしたときに全然驚かれなかった。「ああ、さっきの本田くんのやつ!」みたいな(笑)。
水野 あったねー(笑)。……でもあれ? 武道館でもやらかしたヤツいなかったっけ?
辻本 オレでーす。よりによって自分たちで作詞した曲(「One For All, All For One~夢は叶えるもの~」)の歌詞を間違えちゃった。しかもオチサビの一番いいとこ。
本田 “みんなの声が俺らを動かす~”でしょ?
田村 うん。で、泣いてるフリしたんだっけ?
辻本 いや、本当に泣いちゃった。
全員 わはははは!
辻本 心の中で“ヤバイ、どうしよ~!!”って叫びながら(笑)。

via
――大きなコンサートでは誰かが何かをやらかすっていうジンクスがあるんですかね?

辻本 わはははは。それ、めちゃくちゃダメなグループじゃないですか!(笑)
田村 だから次のナゴヤドームでは誰がやらかすのか……。見ものですよね。
辻本 いや、そこはちゃんとキメたい。
本田 ノーミスでぜひ!

via
――では改めて、そんな1月14日のナゴヤドームから始まる2019年の目標はいかがでしょう?

田村 ナゴヤドームは、僕らがずっと言ってきた“町おこしお兄さん”としての大勝負でもありますからね。
水野 全国からたくさんの人が来てくれるだろうし、そこで名古屋の経済効果にも貢献もできたらいいな。
勇翔 うん。でもさらなる願望としては、今よりもっともっと名古屋の街で見かけるようになりたい。
田村 確かに。名古屋のどこに行ってもボイメンいるじゃん、うぜー!ってなるくらい(笑)。
本田 福岡に行くと、博多華丸大吉さんをどこに行っても見かけるんですよ。あっちこっちの看板やポスターにめちゃめちゃ使われてるなーって。僕らもそれくらいもっと地元に根ざした存在になりたい。
田村 で、そこからどんどん全国にも勢力を拡大していけたらいいよね。
水野 あと2019年は、まだ東海エリアでも僕らを生で見たことない人がいっぱいいるから、いろんな人に会える年にしたい。
土田 僕は全国を回りたいな。また47都道府県ツアーをやるとか、こちらから会いに行くっていうのをどんどんやりたい。
田中 それ+αでいうと、もっともっとメディアにも出てボイメンの存在を知ってもらいたい。今年も年末の目指してるところ(紅白歌合戦)には届かなかったけど、じゃあそのために何をしたらいいのか……ってことをまた真剣に考えるきっかけになったし、悔しさが頑張るパワーにもなった。
水野 次の10年目こそは絶対出たいね!
本田 そしたら僕、勝手にこう言いますよ。「10年目に合わせて来ました!」って(笑)。

関連リンク

チケットホルダー

チケットホルダー

※一部CDショップ等でご提供している特典と同じ品物になります。
via
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

正反対の2曲が収まったニューシングル! lol-エルオーエル-「サヨナラの季節 / lolli-lolli」インタビュー【前編】

正反対の2曲が収まったニューシングル! lol-エルオーエル-「サヨナラの季節 / lolli-lolli」インタビュー【前編】

メンバー全員がラップに初挑戦し、新たな一面を見せたlol-エルオーエル-が2019年3月20日にニューシングル「サヨナラの季節 / lolli-lolli」をリリース! 前編では、レコーディングやMV制作秘話について語って頂きました☆巻末の読者プレゼント情報もお見逃しなく♪
仮面ライダーファンの方にも楽しんでもらえる作品に。Shuta Sueyoshi feat. ISSA「Over “Quartzer”」インタビュー【後編】

仮面ライダーファンの方にも楽しんでもらえる作品に。Shuta Sueyoshi feat. ISSA「Over “Quartzer”」インタビュー【後編】

1月16日に2ndアルバム『WONDER HACK』をリリースするShuta Sueyoshi。1月23日には、DA PUMPのISSAとコラボレーションした、20作目にして平成最後のライダーとして話題のテレビ朝日系『仮面ライダー ジオウ』の主題歌「Over“Quartzer”」をリリースする。幼少期より『仮面ライダー』のファンだったと公言するShuta Sueyoshiに、その『仮面ライダー』の魅力からソロアーティストとして活動するうえで大切にしていることについて話を聞いた。
“Shutaらしい”は僕にとって最高の褒め言葉。Shuta Sueyoshi『WONDER HACK』インタビュー【前編】

“Shutaらしい”は僕にとって最高の褒め言葉。Shuta Sueyoshi『WONDER HACK』インタビュー【前編】

1月16日に2ndアルバム『WONDER HACK』をリリースするShuta Sueyoshi。「人間の感情や脳内を、僕の作る音楽でハッキングしたい」という想いをタイトルに込めた本作は、2月からスタートする“Shuta Sueyoshi LIVE TOUR 2019 -WONDER HACK-”を見据えて制作された。そのShuta Sueyoshiに、ライブへの想いやアルバム制作について話を聞いた。
精神的な閉塞感から抜け出す唯一の鍵は“自分との対峙”だった。SKY-HI『JAPRISON』インタビュー

精神的な閉塞感から抜け出す唯一の鍵は“自分との対峙”だった。SKY-HI『JAPRISON』インタビュー

SKY-HIが、2018年12月12日に4枚目となるオリジナルアルバム『JAPRISON』をリリースする。“JAPanese Rap IS ON”(=日本のラップはイケてる)と“JAPAN”と“PRISON”(=刑務所、牢獄)という一見、相反する2つの意味を持つ本作に込めた想いを熱く語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
心に空いた穴は“音楽”でしか埋まらなかった。伊藤千晃『New Beginnings』インタビュー

心に空いた穴は“音楽”でしか埋まらなかった。伊藤千晃『New Beginnings』インタビュー

音楽活動を本格始動した伊藤千晃が、2018年12月5日に初のソロミニアルバム『New Beginnings』をリリースする。自分をさらけ出したと語る本作について、恥ずかしさも覗かせつつ、等身大の自分を表現することへの真っ直ぐな想いを語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★

この記事のキーワード