mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年10月23日 更新

Wake Up, Girls!インタビュー【第3回】「7 Senses」とは対照的な「雫の冠」の魅力、結成5周年への意気込みとは!?

2017年10月TV TOKYO ほかにて放送開始したTVアニメ『Wake Up, Girls! 新章』。インタビュー最終回となる今回は、青山吉能さん、高木美祐さん、山下七海さんに、ED「雫の冠」の聴きどころや、Wake Up, Girls!としての今後について伺いました。巻末の読者プレゼント情報もチェック!

PHOTO:川田洋司
via
TEXT:日下部貴士(A4studio)

「雫の冠」は優しく、気持ちを理解した曲

雫の冠 CM / Wake Up, Girls!

――OPの「7 Senses」と同じく11月29日に発売される「雫の冠」ですが、どのようなテーマの曲なのでしょうか?

山下七海(以下、山下) しっとりしていて、前のTVシリーズのED曲「言の葉 青葉」とつながっている曲なのかなと。まゆしぃ(吉岡茉祐)の落ちサビ(伴奏が静かになるサビ)もありますし、そういう面から見ても「7 Senses」は「7 Girls War」の進化で、「雫の冠」は「言の葉 青葉」の進化バージョンのような感じで受け取っています。……でもテーマと聞かれると難しい。
――では、「雫の冠」を初めて聴いたとき、どのような印象を持たれましたか?

山下 まず歌詞が深いですね。「言の葉 青葉」は初めて聴いたときにちょっと悲しい曲だなと感じました。すごくストレートに、どこか震災を思わせる内容だったんですけど、「雫の冠」は、そこまで悲しさはなくて、優しさと、気持ちを理解しているというか……。「言の葉 青葉」は真っ直ぐに思いを綴った曲だけど、これは「言の葉 青葉」を理解して、今までの経験や葛藤を自分の中で受け止めて出てきた言葉なのかなと。

山下七海

PHOTO:川田洋司
via

「自分の中の一番優しい声で歌いました」

――「雫の冠」は特にどこを意識して聴いて欲しいですか?

青山吉能(以下、青山) 聴けば聴くほど歌詞が深いんですよねぇ。子どもにおとぎ話を聞かせるようにというか、「小さい子に伝えるように歌って」と言われました。今までの自分の歌い方は、感情をあらわに、「届け!」みたいな感情のドッチボールでしたが、今回は柔らかいものをパスするイメージで歌ったので、かなり苦労しましたね。2番のサビのところで、「いつかは」というソロパートをいただいていて、裏声が得意だったはずなのに、レコーディングではしっくりこなくて……。未だにライブでも模索中なんですが、みんなの思いや自分の気持ちを処理して、声に出すのがこんなに難しいことなんだなと知りました。

青山吉能

PHOTO:川田洋司
via
高木美祐(以下、高木) 聴いてくれるみなさんの心の中に、すっと入っていくんじゃないかと。簡単には言い表せませんが、かなり深い曲になっているので、ふとしたときに「聴いてみよう」と思って欲しい。あとは落ち込んだときにも!

山下 「雫の冠」は自分の中の一番優しい声で歌いました。きっとディレクションでもみんな「優しく歌って」と言われているはずですし、「7 Senses」とは全く雰囲気が変わり、優しいみんなの声質が合わさった曲ですので、じっくり聴いて欲しいですね。

青山 2番のAメロの歌詞もめっちゃいい。「後悔のないように/歩いていたつもりでも/ところどころ 涙が/染みをつけた 足跡」って天才ですね。本当に菜摘大先生(作詞の只野菜摘さん)最高!
高木 色々考えながら聴くと涙が出ると思うなぁ。

高木美祐

PHOTO:川田洋司
via
――「7 Senses」とは曲調ががらりと変わりますが、ダンスはどのような振り付けなのでしょうか?
青山 「言の葉 青葉」のような感じで、そんなに動かずに、かと思えば2番の「後悔のないように/歩いていたつもりでも」の“歩いてた”のタイミングでみんなが動きだす。“静”から“動”みたいな。
49 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Wake Up, Girls!インタビュー【第2回】個性を生かしたソロパートと全員で考えた振りに注目必至のOP曲「7 Senses」

Wake Up, Girls!インタビュー【第2回】個性を生かしたソロパートと全員で考えた振りに注目必至のOP曲「7 Senses」

2017年10月TV TOKYO ほかにて放送開始したTVアニメ『Wake Up, Girls! 新章』。インタビュー第2回目となる今回は、OP曲「7 Senses」のテーマや聴きどころなどについて、Wake Up, Girls!の青山吉能さん、高木美祐さん、山下七海さんに話をお聞きしました。巻末の読者プレゼント情報も要チェックです!
mu-mo station編集部 | 5,140 view
Wake Up, Girls!インタビュー【第1回】モーションキャプチャによるダンスシーン、スタッフ陣のリニューアルetc.新章の見どころは!?

Wake Up, Girls!インタビュー【第1回】モーションキャプチャによるダンスシーン、スタッフ陣のリニューアルetc.新章の見どころは!?

2017年10月9日よりTV TOKYO ほかにて放送を開始するTVアニメ『Wake Up, Girls! 新章』。本作に登場するアイドルユニットと同名の声優ユニットWake Up, Girls!の青山吉能さん、高木美祐さん、山下七海さんに、『Wake Up, Girls! 新章』の全体的なテーマや見どころなどについてインタビューを行いました。巻末の読者プレゼント情報も要チェック!
mu-mo station編集部 | 7,709 view
私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

2018年7月18日にソロ第2弾シングル「Summer Mermaid」をリリースする宇野実彩子(AAA)。「夏を楽しく過ごせるようなサマーチューンが欲しくなったんです」という思いから生まれた表題曲は、キラキラしたサウンドと恋の楽しさがひとつになった大人なサマーラブソング。本作の制作をフックにしながら、ソロアーティストとしてのビジョンについて語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
mu-mo station編集部 | 3,630 view
「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

“20世紀最強のギャグ漫画”と謳われた赤塚不二夫の代表作が18年ぶりにアニメで帰ってきた! 『深夜!天才バカボン』のOPを飾るエキセントリックなナンバー「BAKA-BONSOIR!」の作詞・作曲・編曲を手がけたTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDに、本作の制作への思い入れや、主要キャストによるスペシャルユニットB.P.O -Bakabon-no Papa Organization- (古田新太、入野自由、日髙のり子、野中藍、森川智之、石田彰、櫻井孝宏)のレコーディング秘話などを伺いました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 1,031 view
未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』OP主題歌「DeCIDE」が2018年8月29日にリリース!本楽曲を歌唱する主要女性キャスト5名によるスペシャルユニット“SUMMONERS 2+(サモナーズツー)”から、レム・ガレウ役の和氣あず未さんと、エデルガルト役の加藤英美里さんにお話を伺いました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 2,461 view

この記事のキーワード