mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年12月25日 更新

2ndアルバム『THE GUERRiLA BiSH』制作背景から、あの“コマネチ”の真相まで…BiSHモモコグミカンパニー×渡辺淳之介スペシャルトークセッション

11月29日に発売した2ndアルバム『THE GUERRiLA BiSH』が業界を中心に話題となり、その勢いのまま『ミュージックステーション』に初出演、視聴者に鮮烈な印象を残すなど3年目にして一気にブレイクした感のある“楽器を持たないパンクバンド”BiSH。メンバーのモモコグミカンパニーとマネージャー渡辺淳之介に彼女たちの現在地とこれからを語ってもらった。

“楽器を持たないパンクバンド”BiSHが2ndフルアルバム『THE GUERRiLA BiSH』をリリースした。2017年7月に幕張メッセイベントホール公演をソールドアウトさせ、12月には『ミュージックステーション』に初出演を果たすなど、活動スタートから3年目にして一気にブレイクしたBiSH。シングル「プロミスザスター」「GiANT KiLLERS」、リードトラック「My landscape」を含む本作は、BiSHの尖った魅力がカラフルに表現された充実作に仕上がっている。今回mu-moステーションでは、メンバーのモモコグミカンパニー、マネージメントを担当している渡辺淳之介による“NGナシ”のスペシャルトークセッションを企画。アルバム『THE GUERRiLA BiSH』をフックにしながら、BiSHの現在地とこれからを語ってもらった。
via
TEXT:森朋之 PHOTO:HIRO EDWARD SATO 出典:オリコン『コンフィデンス』

海外の売れてる人たちを辿りたかった

――2ndアルバム『THE GUERRiLA BiSH』、素晴らしいアルバムになりましたね。まずは音楽性の幅が大きく広がっていることが印象に残りました。

渡辺:基本的にはサウンドプロデューサーの松隈ケンタの好きなように作ってもらってるんですが、アルバムのリード曲「My landscape」は意図的に制作したところがあるんです。たとえば「Fall Out Boy」もそうですけど、海外のバンドって、売れるてくるにつれてアメリカ民謡だとか、いわゆる王道のポップソングみたいな感じの曲を出したりするじゃないですか(笑)。そういう雰囲気の曲をやってみたいと思って制作したのが「My landscape」なんですよ。

BiSH / My landscape[OFFICIAL VIDEO]

――バンドサウンドとストリングスが融合した壮大な曲ですからね。そろそろBiSHにもそういう曲が必要だと?

渡辺:というよりも、「同じような曲ばかり出してる」という感じがイヤなんです。BiSHの楽曲はもっと変化をつけたかったんですよね。「プロミスザスター」が感動路線だったから、その後の「GiANT KiLLERS」はまったく感動がない曲にして、「My landscape」は売れているアメリカのバンドみたいな曲で。

モモコ:今の話、初めて聞きました(笑)。確かにいろんな曲調があったほうが、私たちも飽きないですからね。

渡辺:自分たちの曲に飽きるなよ(笑)。
モモコ:(笑)。振付けはメンバーのアイナ・ジ・エンドがやってるんですけど、曲調が増えると、振付けも似た感じにならないですからね。

――299円でのゲリラ発売や、道頓堀の船上ゲリラライブも話題になりました。

渡辺:著作権料のことなどを考えると299円で売るのは無茶なんですが、エイベックスのスタッフもノリが良いというか。了承してくれたので実現できました。反響もかなりあって、すべてがハマりましたね。
via
モモコ:反応はすごく良いですね。アルバムのリリースイベントにも今まで以上にお客さんが来てくれたり、Twitterのフォロワーが急に増えたり。

渡辺:元カレから連絡があったりしないの?

モモコ:それはないです(笑)

私が選ぶ立場だったら、私みたいな女の子を選ばない

――メンバーのみなさんが書いている歌詞の表現も広がりそうですよね。

モモコ:そうですね。私は今回「SHARR」「BODiES」「JAM」の3曲で歌詞を書いてるんですけど、攻撃的な歌詞もあるし、心のなかをさらけ出すようなものもあって。特に「JAM」の歌詞は「自分の根が暗いのがバレるちゃうな」と思いながら書いてました。他のメンバーの歌詞も、それぞれの人間味がモロに出ている気がします。
渡辺:「SHARR」は譜割りを無視して書いてきたから、ムカついて「勝手にすれば」って言ったんですけどね(笑)。

モモコ:ずっと叫んでるようなメロディだったから「こんな曲に歌詞を付けるのなんて無理でしょ!」と思って(笑)。そのあたりは渡辺さんが上手く選んでくれてるんだと思います。
via
渡辺:基本的には僕がちょっとだけ手直しをしてるんですけど、そこはもうフィーリングですよね。メンバーを決めたときもそうだったんですよ。全員オーディションで選んだんですけど、いくら面接してもダメなときはダメで、「いいな」っていうときはちょっと喋っただけでわかるので。そのあたりもフィーリング……っていうと「俺、天才だから」みたいになっちゃいますけど(笑)。まあ、性格のいい子を選ぶようにしてますね。僕は自分がイヤなヤツだから、「こいつ、ずるいことやりそうだな」というヤツはわかるんです。

モモコ:ハハハハ(笑)。でも、渡辺さんは独特の感覚を持っていると思うんですよね。BiSHのメンバーも「こんな子、会ったことないな」と思うような個性的な子ばっかりだったし。私が選ぶ立場だったら、私みたいな女の子を選ばないですから(笑)。
38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

何も持ってなかった子たちが偶然や努力が重なって何者かになっていく…『THE EMPiRE STRiKES START!!』EMPiRE×渡辺淳之介 対談インタビュー

何も持ってなかった子たちが偶然や努力が重なって何者かになっていく…『THE EMPiRE STRiKES START!!』EMPiRE×渡辺淳之介 対談インタビュー

BiS、BiSHら話題のユニットを輩出し続け、いま乗りに乗っている音楽プロダクション“WACK”から新たなグループが誕生する。2018年4月11日に1stアルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』をカセットテープでリリースするEMPiRE(エンパイア)だ。プロデューサー渡辺淳之介とともに彼女たちの魅力、戦略、そして今後の展望を語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

2018年12月19日に自身初のベストアルバム『ボイメン・ザ・ベスト』をリリースするエンターテイメント集団BOYS AND MEN。今年で9年目となる彼らが初のベストアルバムを出す心境やMVの撮影秘話を語ってくれました。さらにナゴヤドームに向けての意気込みや2019年の目標にも迫ってみました♪巻末の読者プレゼントも要チェックです!
精神的な閉塞感から抜け出す唯一の鍵は“自分との対峙”だった。SKY-HI『JAPRISON』インタビュー

精神的な閉塞感から抜け出す唯一の鍵は“自分との対峙”だった。SKY-HI『JAPRISON』インタビュー

SKY-HIが、2018年12月12日に4枚目となるオリジナルアルバム『JAPRISON』をリリースする。“JAPanese Rap IS ON”(=日本のラップはイケてる)と“JAPAN”と“PRISON”(=刑務所、牢獄)という一見、相反する2つの意味を持つ本作に込めた想いを熱く語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
心に空いた穴は“音楽”でしか埋まらなかった。伊藤千晃『New Beginnings』インタビュー

心に空いた穴は“音楽”でしか埋まらなかった。伊藤千晃『New Beginnings』インタビュー

音楽活動を本格始動した伊藤千晃が、2018年12月5日に初のソロミニアルバム『New Beginnings』をリリースする。自分をさらけ出したと語る本作について、恥ずかしさも覗かせつつ、等身大の自分を表現することへの真っ直ぐな想いを語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
Da-iCE「雲を抜けた青空」リリース記念特集【6/6】工藤大輝の壁にぶつかったときの乗り越えかたとは?

Da-iCE「雲を抜けた青空」リリース記念特集【6/6】工藤大輝の壁にぶつかったときの乗り越えかたとは?

Da-iCE 5周年イヤーのラストを飾るにふさわしい、あたたかなミッドバラード「雲を抜けた青空」が2018年11月21日(水)にリリース!“自分たちの言葉で、聴いてくださる皆さんにメッセージを届けたい”という強い希望のもと制作された本作を徹底取材!全6回の短期連載でその魅力に迫ります★

この記事のキーワード