mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年6月6日 更新

「毎日がクレイジー!」伝説のディスコ・ジュリアナ東京のDJジョン・ロビンソンがバブル時代を語る!【独占インタビュー】

就職先は一流企業!高給が当たり前!ハイブランドを身に纏い、愛車はスーパーカー!今では考えられないような贅沢三昧ができた1980年代後半から1990年代初頭の超好景気といえば「バブル時代」。 夜な夜な若者たちが集うディスコにはワンレン・ボディコンの美女たちが「お立ち台」でゴージャスな羽付き扇子を振り回して踊り狂う…!!なにもかもが華やかだったバブル時代の伝説的ディスコ「ジュリアナ東京」で毎晩引く手多数だった現役DJジョン・ロビンソンの独占インタビューに成功!!

バブル時代がどれだけハチャメチャだったのか!?
ディスコでお馴染みの「TOKYO,GO!」はどうやって作られたのか!?

ジュリアナ東京の最前線に立っていたジョン・ロビンソンが語ってくれました♪
via

バブル時代といえば、なにもかもが「スゴイ!」というイメージですが、実際はどうでしたか?

ジョン・ロビンソン:
今では信じられないようなことが当時は当たり前の感覚だったと思うよ。

バブル時代の日本は物価がものすごく高かったのに誰も金額を気にしていなかったんだ。
高級シャネルスーツでディスコに到着して、踊る時だけ身軽な服装に着替えているのが日常的な光景だったよ。色鮮やかなヴェルサーチの服で全身キメていた男たちがたくさんいてね!

「ヴェルサーチボーイ」

って僕は呼んでいたな。

TO BE FREE

avexの名を世に知らしめた、JULIANA'S TOKYO コンピレーションCDのCMにも使用された、 デビューアルバムからのファーストシングル(8cm CD!?)
via

全身ヴェルサーチの男性なんて今は見かけません(笑)!そんなバブル時代、今でも忘れられない珍事件ってありますか?

ジョン・ロビンソン:
とにかく毎日が超クレイジーで語り尽くせないよ!!

そうだね、1つ面白い思い出話があるよ…。

みんな知っていると思うけど、バブル時代のジュリアナ東京はボディコン姿の女の子たちがお立ち台に立って踊っているのが日常だったんだ。

ある日の夜、一人の男がお立ち台によじ登ってきたことがあって。
なんと彼は洋服を全部脱ぎ捨てて、全身素っ裸になってお立ち台からダイブしたんだよ!!

僕たちはその後、彼を見ることは二度となかったね。
今でも僕は全裸の彼がどうやって家に帰ったのか気になっているよ。

JEALOUSY

こちらもデビューアルバムから、セカンドシングル(また8cm CD!?)。 のちにJELOUSY '96としても再リリースされるなど息の長い作品。
via

あまりの大フィーバーぶりにテレビ番組でジュリアナ東京が実況中継されていたこともありましたよね。このジュリアナ東京で一番興奮した瞬間といえば?

ジョン・ロビンソン:
僕にとって最も興奮したのは日本でのツアーだったね!

博多から北海道までジュリアナの存在が知れ渡っていたことにまず驚いたよ。
ジュリアナは若者文化の一つになっていたし、その時代を象徴するマンガにも登場するくらいだったからね。

テレビ番組がジュリアナ東京を広めたことは間違いないけれど、本当の意味で日本全国に大ブームを起こしてくれたのは「USENチャンネル」だと僕は思っているよ!

東京から遠く離れたどこかの町にあるアパレルショップでUSENが流れていてさ。

「ジュリアナTOKYOOOOOO!!!」

って叫んでいる自分の声が聞こえたときは本気で恥ずかしかった!

I GOTTA MOVE

こちらはセカンドアルバムからのサードシングル(またまた8cm CD!?)。 信じられないかもしれませんが、テレビ番組のエンディングテーマにもなっていたんです。
via

ジュリアナを最高に盛り上げてくれた「TOKYO,GO!」はどうやってつくられたのでしょうか?

ジョン・ロビンソン:
ジュリアナ時代、僕は小さな音楽制作会社で働いていたんだ。

ある土曜の朝、僕はオフィスへ行き、いつものように打ち合わせを終えたその時、僕の中に「TOKYO,GO!」のアイディアが思い浮かんでいたんだ。

そしてそのまま、スタジオにこもって6時間後、「TOKYO,GO!」を完成させたよ。

いつもなら最初に音楽を書くのに、その時は歌詞もメロディも考えていなかったね。
僕はいつもボーカルレコーディングの当日にまとめてやってしまうタイプ。
(そうやってプレッシャーをかけるのが好きなんでね。)
僕の兄は音楽をつくるパワーの源はひらめきであり、ちょっとしたアイディアがきっかけになると言っていたことを思い出して…。

ビルの屋上へ登って、10分後。僕の中で曲が完成していたよ。

TOKYO,GO!

ジュリアナ末期にリリースされ、ヴェルファーレにて人気爆発した自身最大のヒット。 ”トキオーッ”の咆哮にてフロアを席巻!現在でも来日時のパフォーマンスでラストを飾っています。
via

バブル時代で気になることといえばギャラ!ぶっちゃけ、今のDJとどのくらい違うのでしょうか。

35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バブル時代を彩ったヒット曲たち:ヒット曲やディスコナンバーを紹介

バブル時代を彩ったヒット曲たち:ヒット曲やディスコナンバーを紹介

1986年から1991年の間に起こった空前絶後、超絶怒涛の 好景気。ブランドを愛し、ブランドに愛された若者たちが、毎夜ディスコで踊り狂っていた。お立ち台、扇子、ボディコン。全ての饗宴の生みの親、マハラジャ&ジュリアナ東京が、この時代を彩っていたといっても過言ではありません。そんなバブル時代の音楽事情をご紹介。
デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

2018年12月19日に自身初のベストアルバム『ボイメン・ザ・ベスト』をリリースするエンターテイメント集団BOYS AND MEN。今年で9年目となる彼らが初のベストアルバムを出す心境やMVの撮影秘話を語ってくれました。さらにナゴヤドームに向けての意気込みや2019年の目標にも迫ってみました♪巻末の読者プレゼントも要チェックです!
精神的な閉塞感から抜け出す唯一の鍵は“自分との対峙”だった。SKY-HI『JAPRISON』インタビュー

精神的な閉塞感から抜け出す唯一の鍵は“自分との対峙”だった。SKY-HI『JAPRISON』インタビュー

SKY-HIが、2018年12月12日に4枚目となるオリジナルアルバム『JAPRISON』をリリースする。“JAPanese Rap IS ON”(=日本のラップはイケてる)と“JAPAN”と“PRISON”(=刑務所、牢獄)という一見、相反する2つの意味を持つ本作に込めた想いを熱く語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
ジャズがあればどこまでだっていける気がする。JUJU『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』インタビュー

ジャズがあればどこまでだっていける気がする。JUJU『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』インタビュー

デビュー15週年を迎えたJUJUが、アルバム『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』を12月5日に発売する。シリーズ第3弾となる今作は、前2作に引き続き松尾潔氏が総合プロデュースの元、NHK総合『世界はほしいモノにあふれてる』のオープニングテーマ「Remember(The Good Times)」から「Fly Me To The Moon」をはじめとする、ジャズ初心者にも耳馴染みのある名曲を多数収録した珠玉のアルバムが完成した。
心に空いた穴は“音楽”でしか埋まらなかった。伊藤千晃『New Beginnings』インタビュー

心に空いた穴は“音楽”でしか埋まらなかった。伊藤千晃『New Beginnings』インタビュー

音楽活動を本格始動した伊藤千晃が、2018年12月5日に初のソロミニアルバム『New Beginnings』をリリースする。自分をさらけ出したと語る本作について、恥ずかしさも覗かせつつ、等身大の自分を表現することへの真っ直ぐな想いを語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★

この記事のキーワード