mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年9月6日 更新

今は雨でも、流れ星が見えたら願いをかけて伝説を残していこう…和楽器バンド「雨のち感情論」インタビュー

和楽器とロックを融合した唯一無二の音楽を奏でる和楽器バンド。なんと、デビュー4年目にして1stシングル「雨のち感情論」を2017年9月6日にリリース! なぜ、今シングルなのか。そしてタイトルに込められた思いとは。メンバーを代表して鈴華ゆう子(Vo)、町屋(Gt)、黒流(和太鼓)の3人に話を聞きました。巻末の読者プレゼントも要チェック!!

【8/31追記】和楽器バンドと同じ平安神宮のステージに立てる…!? 【mu-moショップ・FC八重流専売数量限定盤】VR動画のサンプル画像が解禁!

TEXT:中屋麻依子

デビューから4年。いま、なぜシングルをリリースするのか?

――誰もが気になるデビュー4年目での“1st”シングルをリリースした理由を教えてください!
町屋 これまで“映像シングル”という形でMVがついたシングルを3枚出してきましたが、純粋にCDのみは初めて。3枚リリースしたところで、自分たちのスタイルも固りバンド全体が仕上がったところで、初のCDシングルを出すことになりました。

町屋(Gt)

PHOTO:八木虎造
via
黒流 和楽器バンドはそれぞれの楽器を奏でる個性豊かな8人で構成されています。デビュー当時は、その個性がぐちゃっとしたミルフィーユ状態だったんですけど(笑)、デビューから4年経って、それぞれがメンバー同士を理解して、自分の立ち位置がしっかりしたところで“このタイミング”だと。デビュー当時にリリースしていたら、かなり粗削りなものになっていたと思うので。
町屋 1stシングルって一般的に粗削りで勢いで押すイメージがありますけど、それがすべてではないと考えていて。メンバーがある程度成熟してきて、まとまったところで出すのもいいと思うんです。

出会った当時の自分たちを想う「雨のち感情論」

――バンドとして成熟したからこそリリースした“1stシングル”なんですね。リードシングルの「雨のち感情論」は鈴華さんが作詞作曲を担当されましたが、タイトルの意味は?

鈴華ゆう子(Vo)

PHOTO:八木虎造
via
鈴華 この曲は出会った当時のメンバーのことを想って書きました。メンバーそれぞれが別の場所で活動していましたけど、音楽で芽が出なかったり、現状に満足できていなったりする人も多くて。歌詞の中で“雨のちに流れ星”という言葉があるんですが、これは「現状は雨でも流れ星が見えたら願いをかけて伝説を残していこう」という意味を込めています。

和楽器バンド / 9/6発売1st CD sg「雨のち感情論」MUSIC VIDEO Short ver.

――そのメンバーが和楽器バンドを組んで、いまや武道館公演や海外ツアーで成功を収めていますから、まさに伝説を残してますよね。
鈴華 これは私たちだけでなく、誰しも前へ進めなくて雨が降り続いているよくない時期ってあると思うんです。でも、未来への希望をもって頑張っていこうと思えるような曲になったらと。

町屋 ゆう子さんの曲にブラスセッションを入れたり、流れ星という歌詞部分にはウインドチャイムを入れたりと音でアレンジを加えています。でも、“標的未定だって”という歌詞なんてまさに僕たちのことだよね。未定でもなんとかっていますから。メンバーと出会って辛いことも1/8、売上も1/8…(笑)。

鈴華 いやいや、そこは喜び8倍でいきましょうよ!!
57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Da-iCE「FAKESHOW」リリース記念特集【1/6】 Da-iCEが仕掛けるサプライズの数々、ミュージックビデオの見どころとは…?

Da-iCE「FAKESHOW」リリース記念特集【1/6】 Da-iCEが仕掛けるサプライズの数々、ミュージックビデオの見どころとは…?

Da-iCE 5周年イヤー第2弾シングル「FAKESHOW」が2018年5月30日にリリース!これまでにないスリリングなサウンドと“人間の嘘”への皮肉を込めたアイロニカルな歌詞が印象的な本作を徹底取材!全6回の短期連載でその魅力に迫ります。巻末の読者プレゼント情報もお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 9,602 view
和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第2弾は黒流&町屋!【3/5】

和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第2弾は黒流&町屋!【3/5】

2018年4月25日に5thアルバム『オトノエ』をリリースする和楽器バンド。“ミュージアム”というテーマを掲げ、聴覚だけでなく視覚的にも楽しめる本作に秘められた、メンバーそれぞれの想いをさらに深掘りすべく、4回に渡ってリレー方式でお届けしていきます。第2弾は黒流と町屋!巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 4,386 view
和楽器バンド、独占取材。超絶ポップにジャンルを飛び越える最新アルバム『オトノエ』ができるまで【1/5】

和楽器バンド、独占取材。超絶ポップにジャンルを飛び越える最新アルバム『オトノエ』ができるまで【1/5】

唯一無二の存在感を放つ和楽器バンドが、5枚目となるアルバム『オトノエ』を2018年4月25日に発売。ベストアルバム発売後、初のアルバムとなる今作は“ミュージアム”というテーマ通り、聴覚だけでなく視覚的にも楽しめる作品となっている。世界へ向けてジャパニーズ・ポップ・カルチャーを伝えるうえで、欠かすことの出来ない存在へと成長を遂げる和楽器バンドから目が離せない!巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 8,008 view
和楽器バンド、ベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』を語る【1/3】“軌跡”であり“奇跡”…より良い音を出すためにたどり着いた8人の境地とは

和楽器バンド、ベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』を語る【1/3】“軌跡”であり“奇跡”…より良い音を出すためにたどり着いた8人の境地とは

結成から4年、満を持して和楽器バンドがベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』をリリース。これまで発表してきたMVの全楽曲と新曲を含むバンドの軌跡が詰め込まれた1枚だ。今回は鈴華ゆう子(Vo)、町屋(Gt)、いぶくろ聖志(筝)の3人にアルバムへの思いや、これまでの和楽器バンドのイメージを一新する新曲のこと、そして4年の間での変わったことなどメンタル的な部分も語ってもらった。巻末の読者プレゼントもチェック!
mu-mo station編集部 | 5,786 view
和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第4弾は鈴華ゆう子&いぶくろ聖志!【5/5】

和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第4弾は鈴華ゆう子&いぶくろ聖志!【5/5】

2018年4月25日に5thアルバム『オトノエ』をリリースする和楽器バンド。“ミュージアム”というテーマを掲げ、聴覚だけでなく視覚的にも楽しめる本作に秘められた、メンバーそれぞれの想いをさらに深掘りすべく、4回に渡ってリレー方式でお届けしていきます。第4弾は鈴華ゆう子といぶくろ聖志!巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 1,985 view

この記事のキーワード