mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年9月6日 更新

今は雨でも、流れ星が見えたら願いをかけて伝説を残していこう…和楽器バンド「雨のち感情論」インタビュー

和楽器とロックを融合した唯一無二の音楽を奏でる和楽器バンド。なんと、デビュー4年目にして1stシングル「雨のち感情論」を2017年9月6日にリリース! なぜ、今シングルなのか。そしてタイトルに込められた思いとは。メンバーを代表して鈴華ゆう子(Vo)、町屋(Gt)、黒流(和太鼓)の3人に話を聞きました。巻末の読者プレゼントも要チェック!!

【8/31追記】和楽器バンドと同じ平安神宮のステージに立てる…!? 【mu-moショップ・FC八重流専売数量限定盤】VR動画のサンプル画像が解禁!

TEXT:中屋麻依子

デビューから4年。いま、なぜシングルをリリースするのか?

――誰もが気になるデビュー4年目での“1st”シングルをリリースした理由を教えてください!
町屋 これまで“映像シングル”という形でMVがついたシングルを3枚出してきましたが、純粋にCDのみは初めて。3枚リリースしたところで、自分たちのスタイルも固りバンド全体が仕上がったところで、初のCDシングルを出すことになりました。

町屋(Gt)

PHOTO:八木虎造
via
黒流 和楽器バンドはそれぞれの楽器を奏でる個性豊かな8人で構成されています。デビュー当時は、その個性がぐちゃっとしたミルフィーユ状態だったんですけど(笑)、デビューから4年経って、それぞれがメンバー同士を理解して、自分の立ち位置がしっかりしたところで“このタイミング”だと。デビュー当時にリリースしていたら、かなり粗削りなものになっていたと思うので。
町屋 1stシングルって一般的に粗削りで勢いで押すイメージがありますけど、それがすべてではないと考えていて。メンバーがある程度成熟してきて、まとまったところで出すのもいいと思うんです。

出会った当時の自分たちを想う「雨のち感情論」

――バンドとして成熟したからこそリリースした“1stシングル”なんですね。リードシングルの「雨のち感情論」は鈴華さんが作詞作曲を担当されましたが、タイトルの意味は?

鈴華ゆう子(Vo)

PHOTO:八木虎造
via
鈴華 この曲は出会った当時のメンバーのことを想って書きました。メンバーそれぞれが別の場所で活動していましたけど、音楽で芽が出なかったり、現状に満足できていなったりする人も多くて。歌詞の中で“雨のちに流れ星”という言葉があるんですが、これは「現状は雨でも流れ星が見えたら願いをかけて伝説を残していこう」という意味を込めています。

和楽器バンド / 9/6発売1st CD sg「雨のち感情論」MUSIC VIDEO Short ver.

――そのメンバーが和楽器バンドを組んで、いまや武道館公演や海外ツアーで成功を収めていますから、まさに伝説を残してますよね。
鈴華 これは私たちだけでなく、誰しも前へ進めなくて雨が降り続いているよくない時期ってあると思うんです。でも、未来への希望をもって頑張っていこうと思えるような曲になったらと。

町屋 ゆう子さんの曲にブラスセッションを入れたり、流れ星という歌詞部分にはウインドチャイムを入れたりと音でアレンジを加えています。でも、“標的未定だって”という歌詞なんてまさに僕たちのことだよね。未定でもなんとかっていますから。メンバーと出会って辛いことも1/8、売上も1/8…(笑)。

鈴華 いやいや、そこは喜び8倍でいきましょうよ!!
57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

春は日本の音楽で女子力磨きましょ【其の三】和楽器バンドの黒流&町屋の「心に残る春うた」

春は日本の音楽で女子力磨きましょ【其の三】和楽器バンドの黒流&町屋の「心に残る春うた」

3月22日(水)に3rdアルバム『四季彩-shikisai-』をリリースした和楽器バンドに、全4週に渡りインタビュー! 詩吟、和楽器とロックバンドを融合させた新感覚ロックを「日本人にしか表現出来ない音楽エンタテインメント」として海外に向けて発信し続けている彼らの“いま”をお届けします。
春は日本の音楽で女子力磨きましょ。和楽器バンドの鈴華ゆう子&いぶくろ聖志の「心に残る春うた」

春は日本の音楽で女子力磨きましょ。和楽器バンドの鈴華ゆう子&いぶくろ聖志の「心に残る春うた」

3月22日(水)に3rdアルバム『四季彩-shikisai-』をリリースする和楽器バンドに、全4週に渡りインタビュー! 詩吟、和楽器とロックバンドを融合させた新感覚ロックを「日本人にしか表現出来ない音楽エンタテインメント」として海外に向けて発信し続けている彼らの“いま”をお届けします。
『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【後編】アスタ役を射止めた裏話&自分に似てるキャラ談義

『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【後編】アスタ役を射止めた裏話&自分に似てるキャラ談義

2017年10月よりテレビ東京系にて放送が開始されたTVアニメ『ブラッククローバー』。同作で主人公・アスタの声優を務める梶原岳人さんと、OP(オープニング)曲「ハルカミライ」を手掛けるロックバンド『感覚ピエロ』のギターボーカル・横山直弘さんとギター・秋月月琢登さんによる鼎談後編となる今回は、物語の魅力やキャラクターなどをテーマにお話を伺った。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく!
始まるのは何だ!? 始めなきゃだゼンブ!!  i☆Risの新たなスタートを宣言する3rdアルバム『WONDERFUL PALETTE』インタビュー

始まるのは何だ!? 始めなきゃだゼンブ!! i☆Risの新たなスタートを宣言する3rdアルバム『WONDERFUL PALETTE』インタビュー

2017年11月1日(水)にリリースされるi☆Risの3rdアルバム『WONDERFUL PALETTE』。声優とアイドルのハイブリッドユニットとして活動する彼女たちが、結成5年を迎えて今思うこととは…。それぞれが示した“いまの自分”と“未来への道”を紐解いていく。巻末の読者プレゼントも要チェック!
mu-mo station編集部 | 1,859 view
『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【前編】OP曲「ハルカミライ」に込めた想い&梶原さん出演MV秘話

『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【前編】OP曲「ハルカミライ」に込めた想い&梶原さん出演MV秘話

2017年10月よりテレビ東京系にて放送が開始されたTVアニメ『ブラッククローバー』のOP曲「ハルカミライ」。力強いサウンドと疾走感溢れるメロディーラインが印象的なこの曲は、個性豊かな4人のメンバーからなるロックバンド『感覚ピエロ』によって手がけられた。今回はギターボーカルの横山直弘さんとギターの秋月琢登さん、そして『ブラッククローバー』で主人公・アスタの声優を務める梶原岳人さんに、同曲の魅力などを語り明かしてもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!

この記事のキーワード